王子が断罪しようとしていた悪役令嬢に逆に利用され断罪される話

著者:あきら

平民の母をもつ伯爵令嬢、リリアーヌ。彼女は、王子に気に入られてしまった。
淑女の鑑といわれる公爵令嬢セレーナ。彼女は、婚約者の王子から嫌われた。

卒業パーティーの日、王子は婚約者であるセレーナとの婚約を破棄した。
セレーナを断罪していたはずの王子は、逆に彼女たちからぼろくそ言われて……
彼女たちの関係は?

王子が断罪しようとしていた悪役令嬢に逆に利用され断罪される話のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました