100年幽閉された死にたい聖女は、隣国の王太子に誘拐される。

著者:最上 ケイ

「この国に聖女は二人もいらない。姉のお前は、死ぬまで東の塔に幽閉する!」

自分だけが真の聖女だと主張する妹の策略にはまり、ミレーユは東の塔に幽閉されることになった。
それから長い時間をたった一人で過ごしたミレーユは、いい加減死んでしまいたいと願うようになる。しかし、聖女の魔力が彼女を守り、16歳の若くて健康な体のまま生き永らえさせ続けていた。

塔に閉じ込められてからちょうど100年経ったその日、隣国の王子アルベルトが現れ、鎖を解いてこう言った。

「ミレーユ、お前をさらっていいだろうか?」

これは二人が、100年分の幸せを取り戻すお話。

【※御礼 日間6位(部門別)ありがとうございます。アルファポリス様にも同時投稿中です】

100年幽閉された死にたい聖女は、隣国の王太子に誘拐される。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました