あまりにモテすぎる追放呪術師の成り上がり無双禄〜【凶禍の呪術師】という邪悪なスキルに認定された俺は追放されるが、実は大国の大英雄と同じスキルで、助けた超絶美少女の皇女や神魔達に次々とせまられます〜

【祝!日刊ハイファンタジーランキング入り!】

教会の名門司教家出身のルミラ=アルカディアは、メルノイス魔術学院を首席の成績で卒業する。

そのため将来を展望されていたルミラだったが、状況は最悪な方向へと一変してしまう。

卒業式に行われたスキル認定式で、教会のトップであるラミエル法王猊下から、【凶禍の呪術師】という邪悪なスキルの認定を受けてしまったのだ。

そしてその日の夜、いままでの態度から急変して、父親であるルイス=アルカディアから絶縁を言い渡されてしまうルミラ。

【凶禍の呪術師】は文字通り、凶事を招き、禍いとなす呪われたスキルだ。

俺に関わった人間は、皆不幸に見舞われてしまう。

俺に幸せなんて、もはやどうやっても訪れることはない――

ルミラは絶望して、行くあてもなくふらふらと、隣接する大国まで辿り着くが――

ここから彼が本当の幸せを掴んでゆくことなど、誰も予想はできなかったのだ。

※ざまぁ展開は少し先になります。
※本当の主人公無双、ハーレム展開は二章からになります。

あまりにモテすぎる追放呪術師の成り上がり無双禄〜【凶禍の呪術師】という邪悪なスキルに認定された俺は追放されるが、実は大国の大英雄と同じスキルで、助けた超絶美少女の皇女や神魔達に次々とせまられます〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました