処刑されちゃう偽聖女ですが、私は悪くないと思います…

著者:橘花

孤児であるリュンヌは護衛のヌーベルと共に、聖女として三年間の巡礼の旅を終え、帝都に戻る。だが戻ったリュンヌを待っていたのは、皇太子クレセントからの偽聖女への断罪、婚約破棄、処刑宣告の破滅コース一直線だった。
クレセントの隣には真の聖女を名乗るフルム。フルムの圧倒的な祈りの力を見せつけられ、項垂れるリュンヌ。
ーー私は偽聖女で真の聖女はフルム様?ええそうですね。て言うか、私を偽聖女に仕立て上げたの貴方達でしょう!?

ざまぁというより自爆です。
最後は丸く収まる予定。

※主人公がドライなため胸糞描写は軽めです(個人の感想)
※残酷な描写注意:血とか肉が軽く噴き飛びます。
※11/29 各話別人視点で七話完結しました。
 今後は数話、番外編を更新予定。

ブクマ・評価・誤字報告ありがとうございます!

処刑されちゃう偽聖女ですが、私は悪くないと思います…のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました