退場した悪役令嬢の行先とある男の懺悔

著者:サイダー

婚約者にひどい事をしてしまった。
なぜ彼女の言い分を聞かずに糾弾するような真似をしてしまったのか。
彼女には謝っても謝りきれない……
しかし俺に謝罪の機会は訪れなかった。
なぜなら婚約者は、奈落の底に自分を置いてきてしまっていたから。

◆別人になってしまった令嬢とその婚約者の男の懺悔です。前後で視点が変わります。
恐らくスッキリしません……
※投身表現があります(ので一応残酷タグを入れています)

退場した悪役令嬢の行先とある男の懺悔のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました