長年情報面でギルドを支えてきたけど、冒険に記録係は不要と追い出されたので情報屋始めました。情報源を失って困り果てた冒険者達から非難殺到のギルドは大変らしいけど、どれだけ勧誘されても戻る気はありません。

著者:遠野現

 冒険者に付き添い、ダンジョン内のあらゆる物事を記録して、データベースを作る記録人の仕事をしていたレイズは、ある日突然ギルドを解雇させられてしまう。
 集めた情報をギルドの為ではなく、人助けのために使おうと考えたレイズは、冒険者としてダンジョンに挑んでいく。そうして得た新たな情報を、冒険者に売る情報屋商売として成立させて、一獲千金を目指すのだが―――

 一方、貴重な情報源を手放してしまったギルドは徐々に不利益を被り始め、その影響は街の他業種ギルドや、王国軍までも巻き込んで破滅していくことに……

長年情報面でギルドを支えてきたけど、冒険に記録係は不要と追い出されたので情報屋始めました。情報源を失って困り果てた冒険者達から非難殺到のギルドは大変らしいけど、どれだけ勧誘されても戻る気はありません。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました