平凡なピピルと氷雪の王子の四年間

 ピピルは15歳だった1年前、自分が転生していた事に気がついた。しかも前世の記憶は自分の母親よりもぐっと年上。
 今生は長めの人生経験を活用し地道に堅実に安定した人生を送ろうと計画するが、訳もわからぬまま第四王子とやらの側室候補になってしまう。

 無駄な抵抗はしません!だけど報われる努力ならとことん頑張ります!をモットーに、見た目よりも多めの経験値と割り切りと要領の良さで不慣れな貴族の世界をやり過ごしていくけれど、肝心の王子に放置され続けて早1年。社交界デビューを卒無くこなしたピピルは怒りを含んだ冷たい視線を感じる。その視線の主こそが……。

(アルファポリス様でも追いかけ投稿始めました)

平凡なピピルと氷雪の王子の四年間のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました