ダンジョンマスターの俺が迷宮攻略科の劣等生だった場合。~学校内にダンジョン作ってポイント荒稼ぎ~

『簡単なあらすじ』迷宮攻略科の劣等生だと思われている主人公は、ダンジョンを作る側の人間だった! 人知れず学校をダンジョンに改造してポイント荒稼ぎしちゃうぞっ。

『ちゃんとしたあらすじ』
 彼は探索者になるのが夢だった。
 幼馴染の少女との、次会う時はダンジョンで、という約束を果たすために。

 念願叶って迷宮攻略科に合格する。ただし、合格ラインギリギリで。

 なぜなら彼のジョブ適正は実質最低ランクのD。
 Dランクで入学したのは彼一人だった。探索者になるのは絶望的だ。

 しかし彼は諦めなかった。
 そんな彼の前に現れたのは、ダンジョンを作成・管理する『ダンジョンコア』

 ダンジョンの中で探索者がスキルを使うとポイントを獲得できる。
 ポイントを消費することで、ダンジョンを強化していくのだ。

 突然ダンジョンマスターになった彼は閃いた。
「学校をダンジョンにしちゃえば授業で勝手にスキル使ってくれるから楽にポイント稼げるんじゃね?」と。

 何もしなくても授業で使ってくれるからダンジョンポイント荒稼ぎ!
 地下では召喚した妖精たちと薬草栽培!
 無限に生まれるダンジョンポイントでステータスうなぎ登り!

 最強ダンジョンマスター爆誕。

ダンジョンマスターの俺が迷宮攻略科の劣等生だった場合。~学校内にダンジョン作ってポイント荒稼ぎ~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました