悪役令嬢シルベチカの献身

著者:salt

 この物語は、気が付かなかった王太子と、ただひたすらに献身を捧げた公爵令嬢の物語。

 王太子、ユリウス・アラウンド・ランフォールドは1年前、下級貴族の子爵令嬢に非道な行いをしたとして、悪役令嬢シルベチカ・ミオソティス・マスティアートに婚約破棄を言い渡し、国外追放の刑を受けた彼女を見送った。

 1年後、新たな婚約者となった子爵令嬢の不調をきっかけに、王太子は1年前の真実を知る。

 何も気が付かなかった王太子が
 誰が被害者で、
 誰が加害者で、
 誰が犠牲者だったのかを知る話。

 悲恋でメリバで切なくてしんどいだけ。
 たったひとつ、決められた希望を求めた結果、救いがない物語。

 かなり人を選ぶ話なので、色々と許せる方向け。

*pixivにも掲載しています。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました