【完】可愛すぎて独占したい

ある目的のため、
隣に住む御曹司の幼なじみが通う
“ 青薔薇学園 ”へやってきた私…
「ベタ惚れすぎて自分でも困ってるよ?」
「そういうこといきなり言わないでよ……っ」
三年ぶりに再会した幼なじみは
全てに磨きがかかっていた…
「会わないうちにいつの間にそんな可愛くなったの?」
「……」
゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・。
一般生徒
ランク外のド庶民
榎並 明里
(Akari Enami)
×
独占欲と戦う御曹司
SSランクの王子
星ノ宮 椿
(Tubaki Hoshinomiya)
゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・。
「押し倒していいのは、近い将来嫁にもらう俺だけってこと」
人の気も知らないで…
なんでも思ったことは口にしちゃうし
「この先、嫉妬で俺の一日が終わるってこと?
これ嫌がらせ?」
恥ずかしくなることを
平気で言ってくるし
「いい加減にしてくんない?」
「なにを……?」
「お前のこと見ると顔緩みっぱなしなんだけど」
だけどこの幼なじみが
なんと…
「じゃあ、俺が全部教えてあげる」
タイムリミットまであと少し
特別授業、始めます。
御曹司、令嬢、組の人間、王様…
セレブに囲まれたこの学園で
私はやっていけるのかな?
「やばい、可愛すぎて独占したい」
……だから、
そんなことばっかり言わないで
– – – – – – – – -▷◁
住む世界が違っても
“ 奇跡 ”は起きるのかな?

Rin Kotonoha
2020.3~2020.4.7
小説を読む

【完】可愛すぎて独占したいのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました