ずっとキミしか見えてない

※2020/4/25
野いちご文庫で書籍発売決定です!
「だから泣くなよ、もう」
「俺と紗良の間に、他のやつが入る隙なんてないってば」
「見ててくれない? 紗良がいると、頑張れる気がするから」
あなたはいつだって完璧にかっこいい
今だって、八年前の子供の頃だって
ずっとずっと、私はあなたしか見えていない
私が好きになったのは、今も昔もあなただけ
ーーだけど、私は
完璧クール男子
月島 光雅(つきしま こうが)
✕✕✕
鈍感平凡女子
結城 紗良(ゆうき さら)
あの日の大切な約束、あなたは覚えているの?
あらすじ
子供の頃、流れ星を家族で見に行った時に、紗良は光雅と出会う。
たった一度会っただけにもかかわらず、紗良は光雅に恋をし、ずっと探し続けていた。
あの時ふたりで交わした、また一緒に流れ星を見ようという約束を、大切にしながら。
そんな紗良だったが、高校の入学式の日に偶然光雅に再会する。
かっこよく成長した光雅にますます恋の炎が大きくなる紗良だったが、どうやら光雅は昔のことを覚えていないようで――⁉
小説を読む

ずっとキミしか見えてないのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました