無気力王子は特定地味子ちゃんにだけ甘えたい。

誰も目を向けない。道に落ちている石のようなわたしの前に突然現れたのは無気力王子でした。
「もっとこっちおいでよ」
甘えてくるのが無気力王子でも男子が苦手なわたし的には、少し怖い。
「メガネとったらかわいーのに」
いきなり触れてきて、心臓がもたない。
でも_____。
「花乃に触れていいのは僕だけだから」
1つ屋根の下。
男嫌いは克服できるのでしょうか。
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
怜夢さん
みおりなーさん
優里ちゃんさん
*愛っち*さん
紅林 あられさん
素敵な感想ありがとうございました!
ランキングにも掲載され、嬉しいことばかりです!
かんたん感想を投票してくれたみなさんもありがとうございました!!!
続編も楽しんでもらえたら幸いです!
これからもお願いします。
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
あらすじ
高2の花乃は[地味子]で有名だけど、メガネをはずせば別人のような超美少女。学校で出会った無気力王子こと、松田くんに突然ハグされて突き飛ばしてしまう。そんな彼がなぜか花乃の家にいて…⁉実は母の再婚相手の息子で…?気まずいまま過ごしているとおばあちゃんが倒れてしまったと連絡が来た。看病に行くことになったけど学校のこともあり2人で同居することに!「花乃は僕のでしょ?」無気力なのにどんどん甘えてきて…。
小説を読む

無気力王子は特定地味子ちゃんにだけ甘えたい。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました