世界で一番、きみが「好き」

幼なじみって近いようで、遠い。
幼なじみというだけで、恋愛対象外。
どんなに頑張ってみても、どんなに努力しても
全然報われない。
だから、もう、諦めよう。
そう思っていたのに
「他のやつのところなんて行くなよ」
私を引き止めて抱きしめる。
ねえ、そんなのズルいよ──。

小説を読む

世界で一番、きみが「好き」のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました