川崎悠の小説一覧

小説家になろう

傾国の悪女になんかなりません! ~蛮族令嬢クリスティナは毒薔薇を咲かせる。そして……ぶん殴る!~

侯爵令嬢クリスティナは、幼い頃に【天与】と呼ばれる異能の力に目覚める。 リュミエール王国では【天与】は女神からの授かり物とされ、クリスティナは王太子の婚約者に据えられた。 彼女に目覚めた力は、『怪力』の天与。そして『予言』の天与だった。 しかし、彼女は最初に力を発現して以降、上手く力を使う事が出来な....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

前世は思い出しません!

カレン・ハートベルは、ピンクブロンドの髪の男爵令嬢。 王立学園への進学が決まり、登校する事になった1ヶ月前、彼女は頭を強く打ってしまった。 そこで彼女は『前世の記憶』を……思い出さない! そんな彼女は、頭を強く打った後であるものが見えるようになっていた。 半透明の、装飾された黒い板が目の前に浮かび....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

やり直した彼らだけが後悔します。私は幸せになりますが。

公爵令嬢アンジェリーナは、レオンハルト王子に婚約破棄を突きつけられた。 理由はメルク・シュリーゲンへの迫害を彼女の支持者が行い、それを止めなかったこと。 メルクは実は今は失われた前王家の血筋を引いており、高貴な血筋の女性だった。 また、メルクには前世の記憶があり、この世界は乙女ゲーム『花咲く頃に明け....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

聖女様は追放お断り!

お飾り聖女の公爵令嬢、トリリアン・ロットは前世の記憶を思い出した。 そして今世が物語と同じような世界であることも。 未来での自分は、追放されるが、最終的にはやり返す事になる。 しかしトリリアンは、思い出した瞬間から活動を始めた。....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

姉妹格差の伯爵令嬢は運命を忌避する。

伯爵令嬢ケーネは修道院入りを希望する。 その理由を彼女は、居合わせた大司教へ語る。....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

白くない結婚で結ばれたアルカディアは、辺境で幸せになる

王太子に婚約破棄され、冤罪によって断罪された侯爵令嬢アルカディアは魔獣と戦い暮れるセイラン辺境伯家に嫁ぐように王家と父親に命じられた。 心の整理がロクにつかないまま、婚姻し、辺境伯ランドルフの妻となったアルカディア。 初夜にランドルフから覚悟を問われる。....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

姉妹格差の伯爵令嬢は教会で祈りを捧げる。

姉妹格差のある伯爵家。 その姉のケーネは、病弱な妹のために教会へ祈りを捧げに行った。....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

端役は物語に唾を吐く

たったの数行、設定上は存在する、数字だけで描かれるような、端役。....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

何度、この恋を失ったとしても

カロリーナ・キャンベル侯爵令嬢には【失恋魔法】という固有魔法が使える。 その魔法を使って、かつて王子に抱いた恋心を自ら捨てた。 そうして王子との縁談はまとまらず、時間が過ぎた。 17歳になったカロリーナは、まだ婚約者が決まっていない。 かつての王子のことから恋愛に対して臆病になっていたためだ。 カロ....
著者 : 川崎悠
小説家になろう

偽りのピンクブロンド ~貴方が愛した令嬢~

公爵令嬢アリスター・シェルベルは国王と父である公爵に願い出た。 『学園では自由に過ごしたい』と。 アリスターは王太子レイドリックの婚約者だ。 レイドリックは彼女よりも一つ年上で既に王立学園に入学している。 どうやら彼は学園では奔放に振る舞っている様子で……? 『まだ学生だから』と王子の紳士でない振る....
著者 : 川崎悠