笹 塔五郎の小説一覧

小説家になろう

【短編】『無能王子』を演じる『転生賢者』は今日も働かない ~前世の俺が作った『魔術組織』に所属する少女がやってきたけど、早く帰ってほしい~

『無能王子』――そんな呼ばれ方をしている俺、レドゥ・アルヴァレスには前世の記憶がある。 それは、かつて『賢者』と呼ばれた男の記憶だ。 だが、賢者の力を持っているからこそ、俺はその力を隠していた。 あくまで俺の目的は働かないこと――そのはずなのに『吸血鬼』に絡まれて、さらに一人の少女が姿を現す。 「....
著者 : 笹 塔五郎
小説家になろう

『無能』を演じる『転生賢者』は働かない ~だが、魔術師の少女からは監視されている件~

『無能王子』――そんな呼ばれ方をしている俺、レドゥ・アルヴァレスには前世の記憶がある。 それは、かつて『賢者』と呼ばれた男の記憶だ。 だが、賢者の力を持っているからこそ、俺はその力を隠していた。 あくまで俺の目的は働かないこと――そのはずなのに『吸血鬼』に絡まれて、さらに一人の少女が姿を現す。 「....
著者 : 笹 塔五郎
小説家になろう

誰にも愛されない令嬢のメイドになりましたので、お嬢様は私が愛することにします

セシリア・フィールマンは『アルスリア王国』内にある『王国騎士団』に所属する『魔術師エージェント』である。 諜報、潜入、暗殺といったあらゆる任務をこなす彼女の次なる任務は、大貴族であるフレアード家の一人娘――アーシェ・フレアードの護衛だった。 しかし、アーシェは『炎属性』を得意とするフレアード家とは対....
著者 : 笹 塔五郎
小説家になろう

生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい

※オーバーラップ文庫より第二巻が3/25発売です!  5/8よりコミックガルドにてコミカライズ連載開始! 《剣聖》ラウル・イザルフ――そう呼ばれていた頃の記憶を持つ少年、アルタ・シュヴァイツは、最年少の《騎士》として王国に所属していた。 前世では戦いの日々が続いていたアルタは、せっかく新しい人生を....
著者 : 笹 塔五郎
タイトルとURLをコピーしました