その呪い穿つ獣

著者:雨傘穂澄

傭兵として働く少女、ユーリカには前世の記憶があった。母に虐待されていた記憶。そのトラウマに苦しめられながら、それを忘れて、新しい人生を生きようとしていた。しかし、とある侯爵に雇われる事になったことで、王位と生存をかけた戦いに巻き込まれていくことになる。苛烈な宿命に身を投じる少女の行く先に見るものとは何か。

コメント

タイトルとURLをコピーしました