その劣等生、実は最強賢者

著者:未来人A

魔法を極め賢者と呼ばれた男がいた。
彼は、自分の夢”完全な賢者の石の作成”を果たすことが、己の体では不可能だと悟り、未来の世界で別の人間となって夢を果たすと決め、転生の魔法を使用する。

転生には無事成功し、十歳で前世の記憶を取り戻す。
マーズ・クリファーとして、未来の世界を生きることになった。

未来の世界では、前世の時代とはまったく違う魔法が使われおり、それが前世の魔法と比べ格段に劣ったものであった。
マーズは、前世時代の魔法を『古代魔法』現在使われている魔法を『現代魔法』と命名。
現代魔法が苦手で劣等生扱いされていたマーズであったが、記憶を取り戻し、古代魔法を使えるようになったことで圧倒的な強さを手にし、学園を無双していく。
そして才能あるものに古代魔法を教え、完全な賢者の石作りを徐々に進めていくのであった。

その劣等生、実は最強賢者のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました