午前零時 あなたの部屋で。

著者:花澤凛咲

夢はない。愛なんて要らない。
周囲に期待もしなければ裏切られることはない。

27歳にして人生を諦めつつある木本華香は浅海フーズに勤務する派遣社員。夜になるとセラピスト清水響子と名乗り出張マッサージサロン癒樹(ゆじゅ)にて勤務する。

そこに客として現れた支倉(はせくら)という男と諍いになり喧嘩別れするがーーーー

「本日から副社長に就任する支倉仁だ」

後日、朝礼で堂々と挨拶を始める支倉は浅海フーズの親会社である浅海商事会長の孫だった。

「どうしてまた呼んで頂いたのでしょうか?」

「君に興味がある」

昼間は副社長といち派遣社員。夜は客とセラピスト。

「一ヶ月先まで君のスケジュールを全て抑えた」

支倉の甘い誘惑が華香の心を揺さぶる。
一人でいることが楽なはずなのに、次第に華香の心が動き始めて

「俺以外の男ん所に行くな」

独占欲をむき出しにする支倉に戸惑う華香。

「営業妨害ですから!」

「ならいっそ辞めさせてやろうか?」

浅海フーズ 派遣社員
木本華香(きもとはなか)27歳

浅海商事 副社長
支倉仁(はせくらじん)34歳

人を信用出来ない仮面女子

VS

アメリカ帰りの不器用な俺様御曹司

「今夜も待ってる」

営業妨害多発中です。

2020/09/02〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました