ソロ活動より大切なもの

著者:丸子稔

主人公の伊集院麗華は、幼少の頃からの夢だった歌手になることを実現させたが、グループの中では落ちこぼれ的な存在だった。
自分がいてはグループのお荷物となると考えた麗華は、ある日事務所の社長にグループからの脱退を申し入れるが、社長は自分の武器を活かしてもう一度頑張ってみろとエールを送る。
さて、麗華が持っている武器とは果たして何なのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました