多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う

著者:花果唯

【ファミ通文庫様より発売中】
夢に女神は出てくるし聖剣とやらの声は聞こえるし、勇者を迎えに来たという聖女に目をつけられてるっぽいけど僕は勇者なんて知りません。自称勇者様の方をどうぞ王都にお連れください。僕は愛しくて怖い彼女のご機嫌とりに忙しいです。
※後日談はいくつかかくつもりですが、本編は完結しました。
 ありがとうございました。

多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思うのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました