サブヒロあるいはモブ女子しか愛せない俺は現実世界でも目立たない子が好き。でも、なぜかメインヒロイン級の学園のアイドルが猛アプローチをして来る

著者:三葉空

 末永涼哉(すえながすずや)は典型的なオタク男子。ライトだけど。
 彼は生粋のサブヒロ、あるいはモブ女子好きである。
 故に、メインヒロインを嫌っていた。
 そんな彼が虹ヶ丘高校に入学して1ヶ月が経った頃。
 ひょんなことから学園のアイドルである茜沢凛子(あかねざわりこ)と接触する。
 その際、涼哉に惚れた凛子は彼に告白するが、まるでメインヒロインのような彼女に対して、
「断る」
 とすげなく返事をしてしまう。
 周りの反感など浴びつつも、涼哉は己の道を突き進む。
 そんな彼に対して、負けずギライな凛子は、
「絶対、私に惚れさせてやるんだから!」
 と意気込む。
 それから、メインヒロイン嫌いな涼哉が、まるでメインヒロインのような凛子から猛アプローチを受ける日々が始まった。
*この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。
※本作は『ノベルアップ+』『ノベルバ』にも掲載しています。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました