逆行子役の下克上-TRUE END-

『嫌なやつ』専門の子役だった。
私、道野はな。
家族に愛されず、仕事も上手くいかず、後悔ばかりの人生だった。
ひょんな事から、家族に殺され、幽霊として何十年もこの世に止まっていたんだけれど、ある日、頭の中で声がした。
光に包まれ、目を開けると…。
2歳の頃の私に戻っていたのだ…。
今度は後悔しないよう好きに生きると心に決め、
私は再び子役の道に進むのだった。
挿絵(Another)▶︎ https://www.alphapolis.co.jp/novel/87832321/701397541

コメント

タイトルとURLをコピーしました