気づいたら転生していた俺は、公爵令嬢である騎士を助けたら仲間になってとつきまとわれた

Tueee7:成長?3って感じの転生ものガチファンタジー。
通常の転生モノと流れは異なります。
一章黒と白銀の運命、二章運命の躍動、三章運命の真実、の三章立ての物語。
ルイは8歳の誕生日で前世の記憶を思い出す。
だがなぜ記憶が戻ったのか、ルイはわからずに生きることになる。
魔法聖騎士学院へ入学したルイは、貴族であるクレアを討伐訓練中に助けたことが切っ掛けで雇われる。
転生していることを秘密にしていたルイだが、その世界で呪いと呼ばれている病気のことで転生のことを仲間に打ち明ける。
半信半疑の仲間たちであったが、ルイの転生前の記憶を頼りに対処することで呪いをことなき終える。
そして魔物に異変が起こる。魔物が集団となって人間の町へと迫ってきたのだ。
戦力差が倍になる魔物に対し、クレアは人々のために剣を取る。
再考を促すがクレアの意志は固く、ルイは一人魔物の軍団へと赴いた。
多勢に無勢な状況に、ルイは隠していた魔法を開放する。
ルイのその行動は、クレアにはじめての恋心を抱かせた。
*この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました