ハイスペック男子のぼっちな青春を、周りが許してくれない!

倉持傑琉はぼっちとしての喜びを感じながら高校二年目の春を迎える。
今年も独りを謳歌しようとするなかで、同じ図書委員になった冷血少女やウザい後輩などなど、新しい人間関係が倉持を慌ただしい青春に誘う——なんてことのないように彼は奮闘する。爪を隠しながら。
彼の青春の先にあるのはぼっちか、ハーレムか——

コメント

タイトルとURLをコピーしました