ラブコメの小説一覧

小説家になろう

【3巻6/25発売】ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 リーシェにとってこの婚約破棄は7回目。ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻ってい....
著者 : 雨川 透子
小説家になろう

婚約者である王子と共に隣国のパーティーに出席したら隣国の王太子が婚約者を断罪し始めました。何で此処でやるんだ、他所でやれ!止めろ、巻き込むな!国際問題になるだろ!

貧乏子爵令嬢であるマリアナは王太子と協力し、王太子の婚約者である公爵令嬢の悪事を暴き断罪した。その後、王太子の婚約者となった2人のラブストーリーは広く伝わっていた。 婚約して数年後、王太子と共に隣国のパーティー招待されたマリアナだったが、なんと隣国の王太子が婚約者の公爵令嬢を断罪し始めてしまった。....
著者 : はぐれメタボ
小説家になろう

「女嫌い」とか言っといて、結局顔かよ!

女嫌いを自称していた男となんだかんだで友達になるが、その男が美少女転校生と仲良くしだして「やっぱり顔かよ!」となる話。....
著者 : 山科ひさき
小説家になろう

瓶底メガネ令嬢ですが、婚約者の顔がよすぎてつらい 〜国で一番の美形にプロポーズされました。どう考えても釣り合わないのでお断りしたいのになぜか求婚がエスカレートしていきます〜

貧乏伯爵家の令嬢クロウディア・ベッカーは、ぶあつい眼鏡が特徴の、地味な見た目。 社交は苦手で、本ばかり読み、美術の世界に逃避する日々。 こんな自分に結婚のことなど考えられない――と思っていたのだが。 ある日王都で出会った〝美貌の貴公子〟セリアン・ロイヒテンに求婚され、イケメン圧に気絶しているあいだ....
著者 : 杓子ねこ
小説家になろう

悪役の母になったけど状況が詰んでます

息子を殴って、メイドに昏倒させられた時、ここは漫画「悪のカメリア」の世界だと言うことを思い出した。まずい、このままじゃ原作通りに悪役のボスを虐待していた母親になってしまう。このまま誰にも愛されなかった息子が悪の道を辿ってしまう!そうすれば私もろとも没落だ!頑張って没落回避しなきゃ!……それにしても私....
著者 : もちのき
小説家になろう

能面顔の悪役令嬢は、それでも勘違いに気付かない 〜無自覚にフラグを乱立し、自ら外堀を埋めゆく物語〜

【ご愛読頂き、累計470万PV達成!】【今日の一冊に掲載されました】 私は、前世でプレイした乙女ゲームの悪役令嬢に転生した。ゲームの舞台は、金持ちの子息子女の集うセレブ学校の最高峰、王明学園。 『全く表情が変えられない』というハードモードの中、前世の知識を頼りに自分を磨き、断罪&没落回避を目指し....
著者 : ハリネズミ
小説家になろう

咄嗟の婚約者〜純潔を失った聖女の後釜は御免です〜

我が国の聖女様はいつも男を侍らせている。そんな聖女様と第一王子の婚約発表の舞踏会で、王子が婚約者に指名したのは私だった!え?聖女様は?ていうか、なりたくないです婚約者。そこで私は咄嗟に嘘をついた。「私の婚約者は、あの人です!」指差したのは話したこともない侯爵家のご令息。果たして私の運命やいかに!? ....
著者 : 狼丘びび
小説家になろう

俺の周りのトラブルメーカーな彼女達

 ──トラブルメーカー  揉め事やいざこざをよく起こす人の事。  幼馴染の浮気相手にされていた、神宮寺 陽葵(じんぐうじ ひなた)は自分が浮気相手だった事にショックを受けていた。  好きだった幼馴染と別れ、高校二年の春が始まった神宮寺は周りの異変に気づく。  【トラブルメーカー症候群】が起き....
著者 : 秋風 司
小説家になろう

復讐したい死に戻り陛下とバッドエンドを改変したい転生悪女

侯爵令嬢ルイーゼは、自分が前世で読んだ小説『嫉妬の花は血溜まりに咲く』のダークヒロインに転生していることを知る。一方、ルイーゼの夫であり国王だったクラウスも、自分がルイーゼに殺された後、結婚前の王太子時代へと死に戻っていることに気がついた。バッドエンドを改変しようと婚約破棄を目指すルイーゼと、殺され....
著者 : 紫陽花
小説家になろう

魔王(童貞)ですが、様式美として勇者(かわいい)に「我の物になれ」と言ったら「わかった」と言われました……どうしたら良いですか?

様式美として『我の物になれ』と言ってみた魔王ゼノグラディス。 すると勇者ティナリアの答えはまさかのYES。 予想外の展開に頭を抱えるゼノグラディスの寝室にティナリアがやって来て……。 この作品はアルファポリス様でも掲載しています。....
著者 : はぐれメタボ
タイトルとURLをコピーしました