ラブコメの小説一覧

小説家になろう

神秘の子 ~数秘術からはじまる冒険奇譚~

 神話や物語が大好きだった高校生の俺は、卒業式の日にクラスメイト全員とともに事故に会って死んでしまった。  5歳の少年貴族に転生したものの、生まれながらに魔術が使えず虐げられていた。このままじゃ政略結婚の道具として厄介払いされると焦った俺は、なんとかして自立しようと企んでいた。  そんなある日、『数....
著者 : 裏山おもて
小説家になろう

後天的貞操逆転世界の異端者〜ある日突然貞操観念が完全に逆転してしまった現代日本でなぜか元のままだった俺、ギラギラした美少女達からロックオンされてしまう〜

ある日全世界で男女の貞操観念が逆転する超常現象が発生した。それにより女性の性欲が凄まじく強くなり男性の性欲はめちゃくちゃ弱くなったわけだが、主人公である沢城潤は何故か貞操逆転していない。 そのため今までと何も変わっていない潤だったがそれを知られると面倒ごとに巻き込まれる可能性が高いと判断して隠して....
著者 : 水島紗鳥
小説家になろう

【連載版】転生おばさんは有能な侍女

転生おばさん、事件に巻き込まれます おばさん特有の図太さをいかんなく発揮してお嬢さまをお助けするぞ! 恋愛要素はうすめですが、Loveとざまあは終盤にぎゅっと! 「月光の王女と呪いの石」https://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/2243682/連....
著者 : 吉田ルネ
小説家になろう

騎士団長様、あなたが愛しているのは私の妹です

侯爵令嬢のフィーリアは、婿養子を探すべく婚活に励んでいる。 けれどどういうわけか好きになった人はみんな妹のルシアを好きだと言う。 不器量な自分がダメなのだと失意に沈むフィーリアだったが……。 父はまさかの騎士団長ロイドにフィーリアとの結婚を無理やり約束させる。 ロイドもまたルシアを好きなことをフィー....
著者 : 夢見るライオン
小説家になろう

ロイヤルウェディングはお断り!

赤信号を無視して道路に飛び出した梨世は、車にはねられて今生を終える。せめて来世では幸せになれますように−−そう願って生まれ変わった先は、ちょっと変わった国だった。 前世の記憶もちのリヨンは、はたして普通の幸せを手に入れることができるのか?....
著者 : 徒然花
小説家になろう

《爆弾》スキルで解体屋をしているオッサン、都会に出てSランク冒険者を始める~家を解体するにしては威力が強すぎたので、これからはモンスターを爆破していこうと思う~

俺、セドリックは解体屋をしている。俺が持つ《爆弾》というスキルは『触れたものを爆破する』という、わざわざ触れなければ爆破することのできない外れスキルで、解体屋をした方が稼げるだろうと言われたからだ。 だけど、そんな俺に一つの依頼が入ってきた。 「レオラ……確か《剣聖》のスキルを当てて有名になった....
著者 : 夜分長文
小説家になろう

【書籍化&コミカライズ決定】悪役令嬢なので、溺愛なんていりません!

【書籍化&コミカライズ決定しました】  ある日公爵令嬢アレクシアは、前世のアラサー有森優花の記憶が甦る。同時に、この世界がなんとなくやった乙女ゲームの世界であることに気付いた。 与えられた役割は悪役令嬢。でもそれはいい。超がつくゴージャス美人でスタイル良しの悪役令嬢はかっこいいが詰まっている。そ....
著者 : 美依
小説家になろう

【web版】悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

☆宙出版様にて書籍化&コミカライズ連載中!(コミカライズはコイハルさんで毎月連載&ピッコマさんにて先行配信しています) 気がついたら、前世で好きだった小説の中の悪徳令嬢に転生していた! それに気がついたアリシアは、ひたすらフラグを回避すべく頑張った。けれど、気がつけばなにもしていないのに悪徳令嬢と呼....
著者 : 狭山ひびき@バカふり120万部突破
小説家になろう

タイプじゃないって言わないで!

リバルドと婚約したジュリエッタ。しかし、彼はどうも怒っている様子。理由が分からないジュリエッタは困り果てる。リバルドとの結婚生活が想像できず、婚約解消しようと提案すると『どうせ私なんか、ジュリエッタの好みの男じゃない!!』と、言われ………。クールで大人っぽいと思っていた彼は実は………だった話。....
著者 : もよん
小説家になろう

学園の三大美少女様を昔助けたのが俺だとバレた。それから彼女達の様子がおかしくなった

【ジャンル別日間ランキング1位】 【〜カクヨム〜ジャンル別日間ランキング1位、週間2位】 【カクヨムで先行投稿中】  入江司《いりえ つかさ》は、幼い頃ヒーローに憧れていた。  その想いは人一倍強く、自ら首を突っ込んだりしてしまうほどで、何度も無茶して怪我をしてしまったりしていた。  背中にできた火....
著者 : 楓原 こうた