同棲の小説一覧

カクヨム

おっぱいを押し付けながら甘い囁きをしてくる幼馴染みが妊娠を望むヤンデレになっていた件

鈴木大輔(すずきだいすけ)はアニメや漫画などの二次元にしか興味ないオタクで陰キャだ。 唯一の仲の良い人である幼馴染みの学校一の美少女、星野都(ほしのみやこ)は、大輔の誕生日に覚悟を決めて胸を押し付けて告白してきた。 いつも料理を作ってくれるから感謝してはいるものの、付き合う気はないから大輔は断る。 ....
著者 : しゆの
小説家になろう

女優の義妹と熱愛報道!?いや、誤解………じゃない!?

俺には妹がいる。血はつながっていないが大切な大切な妹だ。身内びいきなしに可愛い妹は今や大人気の若手女優。そんな若手女優と俺の熱愛報道!?いや、誤解だよだって兄妹だし。ん?あれ?なんか雲行きがあやしく……… ....
著者 : finneces
カクヨム

タピオカも買えないぐらい貧乏な幼馴染が健気すぎる件。もうこれは俺が幸せにするしかないみたいです。

「私はけーくんのおうちで働かせてもらってるだけでもしあわせだよ」 健気すぎる幼なじみ月本優菜《つきもとゆうな》は今日も住み込みで我が家のためにメイドとして文句一つ言わずに働いている。 でも彼女は本当は女子高生に憧れていることを俺、榊原圭介《さかきばらけいすけ》は知っている。 本当は制服だって着てみた....
著者 : あきらあかつき
カクヨム

宝くじを当てた平凡な大学生の僕は、事故で家族を失った女子高生と同棲を始めたのだが、なぜか彼女が執拗に迫ってくる。

宝くじで五億を当てた瑞季は、交通事故で親を失った女子高生・美玲と邂逅する。 女子高生を引き取り、同棲することを決めた瑞季は、美玲と接するうちに心の温かさを取り戻していく――――――。 大学生×女子高生の甘々、同棲ラブコメ誕生!!....
著者 : にいと
カクヨム

幼なじみと子作りを始めた。

幼なじみと同棲を始めてから3年が経った。 仕事は大変だけれど、仲良く楽しい生活が続いていたある日、 幼なじみが「子作りをしよう」と誘ってきて……。 進捗・公開サイト一覧https://kakuyomu.jp/users/toto_nko/news/16816452221122427307....
著者 : スタジオ.T
カクヨム

告白してないのに振ってきた学校一の美少女と同居することになったんだけど、その姉妹全員が俺の童貞を狙ってくるってどういうことだよ

【毎日更新中!】とある日。ぼっちで死人のような目をした灰宮 なずなのところに、1通のラブレターが届いた。なずなは半信半疑ながらもその呼び出しに応じ、校舎裏へと足を運ぶ。 するとそこにやってきたのは、学校一の美少女と言われる柊 赤音。彼女はやってくるなりなずなの顔を見て、こう言った。 「悪いけど、あん....
著者 : 式崎識也
小説家になろう

男子だと思っていた幼馴染との、親友のような恋人のような新婚生活

どうせ断るつもりだったお見合いの場に現れたのは、10年前に離れ離れになった親友だった。 「私に、しとかない?」 昔は男子にしか見えなかったのに、すっかり美少女に変貌した彼女……『ゆーくん』こと烏丸唯華は、結婚相手として自分を推す。 名家の跡取り息子である九条秀一は古くからの家訓に従い高校生の身に....
著者 : はむばね
小説家になろう

アリス・イン・ブラザーコンプレックス ~親が再婚した結果、このたびめでたく俺は学年一の美少女である英国人ハーフの姉崎アリスの義理弟になりました

【弟が嫌いな姉なんていません!】 白木賢兎<しらき・けんと>高校二年生は母を幼い頃に亡くして以来、父と二人暮らしであり、可も無く不可もない当たり障りのない高校生活を送っていた。 そんな賢兎にとって、学年一どころか高校で一番の美少女でイギリス人とのハーフで金髪碧眼、背が高くグラビアアイドルのような....
著者 : 虎戸リア
カクヨム

超人気女優が拾ったのは、高校生の神ゲーマーだった

超人気女優の梨川御伽(なしかわおとぎ)が拾ってきたのは、高校1年生のゲーマー六原隼(ろくはらはやぶさ)だった。 ただの高校生だと思って拾った御伽は、隼が日本最強チームのエースとして勧誘されていたプレイヤーだと知らない。 ただのお金持ちに拾われたと思った隼は、御伽が日本で一番人気があると言われるほどの....
著者 : 横糸圭
小説家になろう

親にも親友にも見捨てられた俺、大人気アイドルVtuberに拾われる。

「あんた、高校卒業したらこの家から出て行ってね」 俺――夏野葵(なつのあおい)が母親にそう告げられたのは卒業式の前日だった。 卒業式当日、そのことを親友に伝えようとしたのだが、「やっと卒業か~、これでお前とも離れられるぜ~」と言われてしまう。 親にも親友にも見捨てられてしまった俺が途方に暮れてい....
著者 : 冬乃花火
タイトルとURLをコピーしました