巫女の小説一覧

カクヨム

龍神の巫女

現代最強の退魔師、蛇谷水琴には隠し事があった。1つは男として過ごした前世の記憶があるTS転生者であること、そして2つ目は最凶の妖魔である『龍神』の下僕にされてしまっていること。毎夜、寝所で龍神に犯されながらも国にそれを秘匿しつづける水琴、退魔師としての信念に揺れ続ける彼女の未来は…… 妖魔の存在が公....
著者 : 都森メメ
カクヨム

初詣で助けた巫女が付いてくるんだが、どちゃくそ性癖なせいで俺の理性(皆無)は耐えられそうにありません

俺は、桜城雪奈。聖光高校の高校2年生だ。 初詣に彼女が出来ますようにと祈りに来たら巫女さんが襲われていて…… その襲ってる相手が俺の事をいじめてきてる斎藤と言うやつで。 何とか助け出したら巫女さんがずっと付きまとって来るんだけど?? ちょっと待って!!女の子に耐性ないから俺の理性なんて一瞬で崩壊しち....
著者 : 楓華
ノベルアップ

タキオン・ソードⅡ ~恋想の華は夏の夜空に悲しく燃えて~

タキオン・ソード第二部開幕――  理力文明の最盛期、二つの大国が戦争を迎える中、蒼い髪の少女は、異界への活力流出現象を止めるため、精霊王たる女神との契約をめざし、世界中を旅することに。  次の目的地は、八百万の神が犇めく神秘の島国、アスカ皇国。  彼の地にて、再び超常の剣をめぐる冒険が幕を....
ノベルアップ

バスタード・シンデレラ

 女は事件を起こし、青年は社会から締め出された。  性交に溺れ、肉体を売り、ゴミを漁って生きる毎日──  これは、ある種の遺書であり、ダイイングメッセージである。  青年は、日々の煩悩を女装によって紛らわす生活を送っていた。  女は、「嘘をつかず」「恋愛せず」「着飾らず」……学生時代の戒....
小説家になろう

【完結】名無し姫は札をめくる〜隣国の大使に見染められて二束三文で売り払われた所、大使は王太子だったようです〜

名前のない王女、それが私の呼称。名無し様、とか、名無し姫、とか呼ばれている。現在16歳。そろそろ婚約とか、世の中の令嬢は考える歳、だそう。 一人だけ離宮に住んでいて、趣味は流浪の民だった母の形見の札で行う札占い。 気紛れに手を出された母は私を産んで亡くなった。王は私に関心など無く、母も居ないので、....
著者 : 真波潜
小説家になろう

名無し姫は札をめくる〜隣国の大使に見染められて二束三文で売り払われた所、大使は王太子だったようです〜

名前のない王女、それが私の呼称。名無し様、とか、名無し姫、とか呼ばれている。現在16歳。そろそろ婚約とか、世の中の令嬢は考える歳、だそう。 一人だけ離宮に住んでいて、趣味は流浪の民だった母の形見の札で行う札占い。 気紛れに手を出された母は私を産んで亡くなった。王は私に関心など無く、母も居ないので、....
著者 : 真波潜
小説家になろう

サディスティックな公爵様 ~巫女だった私は婚約破棄され、家を追放され、そして、公爵様に拾われる。実は世界最高の巫女だったと気づいても今さらもう遅いです~

私は伯爵家の次女として生まれた。生まれてからずっと姉に色々なものを奪われてきた。おかずを、おもちゃを――そして婚約者を。婚約者をとらわれた私は、家から追放され地方の村でひっそりと生きていた。しかし、そんな私はちょっと意地悪な公爵様に拾われることになる。どうやら私には非凡な才能があったらしく……公爵様....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

サディスティックな公爵様 ~巫女だった私は婚約破棄され、家を追放され、そして、公爵様に拾われる。実は世界最高の巫女だったと気づいても今さらもう遅いです~

私は伯爵家の次女として生まれた。生まれてからずっと姉に色々なものを奪われてきた。おかずを、おもちゃを――そして婚約者を。婚約者をとらわれた私は、家から追放され地方の村でひっそりと生きていた。しかし、そんな私はちょっと意地悪な公爵様に拾われることになる。どうやら私には非凡な才能があったらしく……公爵様....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

サディスティックな公爵様 ~巫女だった私は婚約破棄され、家を追放され、そして、公爵様に拾われる。実は世界最高の巫女だったと気づいても今さらもう遅いです~

私は伯爵家の次女として生まれた。生まれてからずっと姉に色々なものを奪われてきた。おかずを、おもちゃを――そして婚約者を。婚約者をとらわれた私は、家から追放され地方の村でひっそりと生きていた。しかし、そんな私はちょっと意地悪な公爵様に拾われることになる。どうやら私には非凡な才能があったらしく……公爵様....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

サディスティックな公爵様 ~巫女だった私は婚約破棄され、家を追放され、そして、公爵様に拾われる。実は世界最高の巫女だったと気づいても今さらもう遅いです~

私は伯爵家の次女として生まれた。生まれてからずっと姉に色々なものを奪われてきた。おかずを、おもちゃを――そして婚約者を。婚約者をとらわれた私は、家から追放され地方の村でひっそりと生きていた。しかし、そんな私はちょっと意地悪な公爵様に拾われることになる。どうやら私には非凡な才能があったらしく……公爵様....
著者 : 木嶋隆太
タイトルとURLをコピーしました