戦国の小説一覧

小説家になろう

いや、婿を選べって言われても。むしろ俺が立候補したいんだが。

時は戦国末期。小田原北条氏が豊臣秀吉に敗れ、新たに徳川家康が関八州へ国替えとなった頃のお話。 伊豆国の離れ小島に、弥五郎という一人の身寄りのない少年がおりました。その少年は名刀ばかりを打つ事で有名な刀匠に拾われ、弟子として厳しく、それは厳しく、途轍もなく厳しく育てられました。 そんな少年も齢十五にな....
著者 : SHO
小説家になろう

織田信長の姉は天下統一の夢を見る

西暦二千二十年の元旦、とある理由によって稲荷神様から天下統一を命じられ、並行世界の戦国時代に転生する。幸いだったのは織田家に生まれて、無病息災の体と現代日本の知識を授かったことだ。 しかし美穂は、歴史を殆ど知らないだけでなく他の教科の成績も平凡、サブカルチャーに詳しい以外は頭が悪くて嘘がつけず、恋....
著者 : 茶トラの猫
小説家になろう

神社の息子ですが戦国大名を目指します

作者、ひざに矢を受けて休養を余儀なくされたので勢いのまま書き出してしまいました。笑 時代考証ガバガバだと思います。そしてご多聞に漏れずご都合主義です。あと内容薄いです← それでもかまわないという心優しき方はお進みください。 時は戦国。摂津国の神社の息子として転生した男が、その地に強力な戦国大名が存....
著者 : NAO
小説家になろう

RTA in Japan「石田三成」(実況)

某掲示板で盛り上がっていた(であろう)RTA in Japan「石田三成」の実況まとめ風です。 戦国時代後期にある程度詳しくないと、ネタが拾いきれないかもしれません。....
著者 : ななみや@おでんの人
小説家になろう

津田信澄転生記 未来を知って織田家を守る。

天正10年6月、織田信長の甥で側近で絶大な信頼を得ていた津田信澄は嫉妬していた織田信孝に襲われ本能寺の変の土壇場の中で戦国一哀れな死に方で短い生涯を終えた。 そんな信澄はあの世で曾孫から織田家の未来を聞かされもう一度人生をやり直すように頼まれる。 これは信澄が織田家を守り抜くために奔走するお話である....
著者 : 三p
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親のお金とコネで趣味に生きることにしました〜

【旧タイトル】 北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容オタクな私は趣味と薔薇色人生を満喫することにしました〜 ※タイトル元に戻しました。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大名となった山内一豊とその妻・千代。 彼らの一人娘である与祢姫の中身と入れ替わった....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容オタクな私は趣味と薔薇色人生を満喫することにしました〜

【旧タイトル】北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜 ※試験的にタイトルを変えてみています。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容と仕事と薔薇色人生を満喫することにしました〜

【旧タイトル】北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜 ※試験的にタイトルを変えてみています。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

(仮)戦国生存記

毎日警備員の仕事をし休日は昔から通っている道場で武術や護身術を学び、家に帰っては戦国ゲームや読書をする。 そんな日々を送っていた三十歳独身の武夫は気が付けば、赤子になっていた。 それなりに偉い家柄のようだったので「なるようになればいいか..」思っていたがここが戦国の世、そして将来、自分は滅ぼされて追....
著者 : 現実逃避
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜

乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大名となった山内一豊とその妻・千代。 彼らの一人娘である与祢姫の中身と入れ替わったのは、二十一世紀を生きていたアラサー美容オタク女子(化粧品メーカー勤務・研究職)の"私"だった。 転生先は戦国最高SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘。 なんて幸運なんだ....
著者 : 笹倉のり
タイトルとURLをコピーしました