男爵令嬢の小説一覧

小説家になろう

才能無しと嗤われた男爵令嬢は魔王の腕の中で愛される

 レジーナ・ヴォルケは魔法が全ての国で生まれた男爵令嬢だった。両親はとても優秀な魔道士で貴族階級としては底辺であったが、様々な人から尊敬され国から何度も勲章を賜るような人たちだった。けれど、レジーナには魔法の才能がない。  遅くにできた娘を両親は可愛がり多くの魔法を教えたが、レジーナはほんの些細な魔....
著者 : と。
小説家になろう

傷痕王子妃と虐げられて世を儚みましたが、今度は幸せになりたい

「私なんて生きていても仕方がない……」 ランザ王国のバルトロイ公爵家令嬢のリリーシアは六歳の時にハロルド王子と婚約し、七歳の時に王子妃の教育に通っていたところ誘拐事件に巻き込まれ酷い怪我を負った。それでも婚約を破棄されることなくハロルド王子と結婚したものの形だけで愛されることはなかった。王子や愛人....
著者 : えとう楽野
小説家になろう

他の貴族令息達と親しく致しましたら、自分の事を棚に上げて、王太子殿下が切れました。

「まぁ君は頭が固いからな。少しはエリーを見習ったらどうだ。」 「酷いですわ。王太子殿下。わたくしは一生懸命、頑張ってきましたのに。」 そうハーレス王太子殿下に言われた公爵令嬢マリスティ。頭を柔らかくしてみる事に致しましたわ。....
著者 : ユミヨシ
小説家になろう

傷物王子妃と虐げられて世を儚みましたが、今度は幸せになりたい

「私なんて傷物だから生きていても仕方がない」 ランザ王国のバルトロイ公爵家令嬢のリリーシアは六歳の時にハロルド王子と婚約し、七歳の時に王子妃の教育に通っていたところ誘拐事件に巻き込まれ酷い怪我を負った。それでも婚約を破棄されることなくハロルド王子と結婚したものの形だけで愛されることはなかった。王子....
著者 : えとう楽野
小説家になろう

婚約破棄という喜劇。男爵令嬢は無双する

卒業パーティーの場で、婚約者である第一王子のバルドメロに婚約破棄と突きつけられた、公爵令嬢のレイチェル。 王子が新たに婚約者としようとしているのは、ピンクの髪に緑色の目を持った男爵令嬢のカミラ。その見た目と、特徴的な間延びした喋り方から、頭お花畑だと勘違いされがちのカミラだが、その甘い見た目に反し....
著者 : あかり
小説家になろう

乙女ゲームのヒロインから身代わりを頼まれたので、渡されたメモの通りに攻略対象たちに会いに行ってきました。どんな結果になろうとも頼んだあなたが悪いと思います。

ある日突然、顔が似ているというだけで、ピンクの髪の男爵令嬢から身代わりを頼まれた私。 渡されたメモに従って次々と身分が高くて顔のいい男たちに会いに行くが、結果は男爵令嬢の思う通りになっているのか? いろんな目にあいつつも、最終的に自分の野望を果たします。 3000字程度のかるーく読めるお話です。....
著者 : 橘ハルシ
小説家になろう

懺悔室にて

フードを深く被った人物が懺悔室に入ってきた。懺悔室に取り付けられた小さなバラ窓から甘い香水の匂いがする。多分彼女は裕福な女性なのだろう。エドワードグリーン神父は聖母に祈りを捧げると静かに彼女の懺悔に耳を傾けた。 2021年4月1日 日間異世界(恋愛)15位ありがとうございます。....
著者 : どんC
小説家になろう

10年越しの恋に終止符を ~王子に婚約破棄をしたいと言われたので、助けてくれた令息の合理的な提案にのって難を逃れることにした~

「マリエル、すまないが君との婚約を破棄したいんだ」 キルシュ王国第一王子であるフェリクスはバツの悪そうな顔をして、自分の婚約者であるブロッサ公爵家令嬢へ婚約破棄を言い渡した。 今日は学園の卒業パーティーであり、祝いの席にはあまりにも似つかわしくない不躾な申し出だ。 彼の後ろには学園の人気者で愛ら....
著者 : 咲倉 未来
小説家になろう

追放された元男爵令嬢ですが、今はマタギやっています

「伏せてっ」  突然、聞き覚えのある声が辺りに鋭く響いた。本能的にその指示に従い、その場に這いつくばった瞬間、頭上を掠めるように次々と七条の赤い閃光が迸った。髪の毛が焦げたような嫌な臭いが辺りに充満する。恐る恐る顔を上げると、先程まで涎をたらして血走った目で俺を睨んでいた魔獣の頭蓋は無惨にもすっかり....
著者 : たなか
小説家になろう

新入生の皆さん、今年だけの新ルールです

新入生諸君、入学おめでとう。 今年一年だけの新ルールがあります。 忘れずにこのルールを守っていただきたい。 ヒロイン不在。 ゆるゆる設定が基準です。 評価、感想、レビュー、ありがとうございますm(__)m....
著者 : はるあき/東西
タイトルとURLをコピーしました