異世界の小説一覧

小説家になろう

【完結】転生悪女の幸せ家族計画~黒魔術チートで今度は仮の夫も義理の息子も周囲の人達も幸せにします!~

 公爵令嬢にもかかわらず、黒髪黒目というこの世界では異質な容姿で生まれたアルデラは、実の家族から疎まれて育った。アルデラが16歳になったある日、公爵家にお金を借りに来たレイヴンズ伯爵に、父が厄介払い的にアルデラを押し付け、無理やりレイヴンズ伯爵の後妻として結婚させられてしまう。  美しいレイヴンズ....
著者 : 来須みかん
小説家になろう

【新刊発売中】ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 リーシェにとってこの婚約破棄は7回目。ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻ってい....
著者 : 雨川 透子
小説家になろう

私のことを追放した王子が、なぜか全力で追走してきます

侯爵令嬢であるアリス・ターナーは、婚約者であるライアン第二王子に婚約破棄を言い渡された。 さらに、この国からも出て行くようにも言われた。 しかし、なんだか彼の様子が少しおかしい。 アリスが理由を尋ねた時、彼は言葉を詰まらせていた。 普通、もっと堂々とそれなりの理由を語る場面なのに。 しかし、決定事....
著者 : 中森
小説家になろう

師匠! 私、婚約破棄されたみたいです!

公爵令嬢のリンシアには敬愛なる師匠がいる。ジーク・ウォンツ、二百年前の戦争で呪いを受けたせいで今もなお若いまま生き続けるこの国の英雄だ。 そんな師匠の弟子であるリンシアが婚約破棄をされるお話。また、師匠が好き過ぎて仕方ないリンシアの師匠自慢話とも言えるかもしれない。 (本作品はサラッと読める仕様....
著者 : 柏いち
小説家になろう

前世聖女は手を抜きたい よきよき【コミカライズ連載中】

【双葉社Mノベルスf様より1~3巻発売中!】 コミックス2巻(モンスターコミックスf) 11月15日発売です。 アプリ【マンガがうがう】WEB【がうがうモンスター】にて連載中。 前世で聖女だった事を思いだしたレナリア。 かつての聖魔法は、命を削って使う物だった。 婚約者だった第二王子に横恋慕した....
著者 : 彩戸ゆめ
小説家になろう

短編「あなたが私の義妹だと思っているその女は心を病んだ使用人です」

「アリーナ・アース! 貴様はユリアを使用人の部屋に住まわせ迫害しているそうだな!」 「はい?」  「ユリアには貴様のお下がりのドレスばかり着せているそうじゃないか!」 「それが何か問題でも?」 「問題大ありだ! さらにユリアが身につけていたアクセサリーを『私のものだ!』と言って取り上げたそうだな!」....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

【毎日更新中】ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 リーシェにとってこの婚約破棄は7回目。ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻ってい....
著者 : 雨川 透子
小説家になろう

【完結】婚約破棄された悪役令嬢は、癒されるより、癒したい?

何でも欲しがる双子の妹エリアーヌ、次の狙いは姉フルールの婚約者。 今まで全て盗られてきたが、「婚約者だけは渡せない!」と立ち向かったフルール。 だが、気付けばいつもの如く妹に陥れられ、悪役に仕立て上げられ、婚約者は妹に心を移していた。 婚約破棄され、倒れてしまったフルールに、思い掛けず救いの手が差し....
著者 : 白雨 音
小説家になろう

【コミカライズ連載開始】無職の最強賢者 ~ジョブが得られず追放されたが、ゲームの知識で異世界最強に~

とある男爵家の三男・ジェイドは、成人の際の「転職の儀」でジョブを得られず、家を追放された。 しかしその後、ジェイドは今いる世界が前世でよくプレイしていたゲームの世界だと思いだす。 「あれ……確かこのゲーム、ノービスが一番強くなれる設定じゃなかったっけ……?」 前世の記憶を取り戻したジェイドは、誰も知....
著者 : 可換 環
小説家になろう

短編「あなたが私の義妹だと思っているその女は精神病を患った使用人です」

「アリーナ・アース! 貴様はユリアを使用人の部屋に住まわせ迫害しているそうだな!」 「はい?」  「ユリアには貴様のお下がりのドレスばかり着せているそうじゃないか!」 「それが何か問題でも?」 「問題大ありだ! さらにユリアが身につけていたアクセサリーを『私のものだ!』と言って取り上げたそうだな!」....
著者 : 九頭竜坂まほろん
タイトルとURLをコピーしました