異類婚姻譚の小説一覧

小説家になろう

拒絶したのに、今更です…

スカーレット・マリー伯爵令嬢は10歳の時、頭を強く打ち前世の記憶を思い出す。しかし、所々であって全てでは無かった。12歳の時、この国の王子の婚約者選びパーティーで王子の顔を見て思い出す。ここが前世で自分が好きだった漫画の世界であることを。推しの龍騎士様をストーキングするつもりが、まさか自分が観察され....
著者 : みかさん
小説家になろう

拒絶したのに、今更です…

スカーレット・マリー伯爵令嬢は10歳の時、頭を強く打ち前世の記憶を思い出す。しかし、所々であって全てでは無かった。12歳の時、この国の王子の婚約者選びパーティーで王子の顔を見て思い出す。ここが前世で自分が好きだった漫画の世界であることを。推しの龍騎士様をストーキングするつもりが、まさか自分が観察され....
著者 : みかさん
小説家になろう

拒絶したのに、今更です…

スカーレット・マリー伯爵令嬢は10歳の時、頭を強く打ち前世の記憶を思い出す。しかし、所々であって全てでは無かった。12歳の時、この国の王子の婚約者選びパーティーで王子の顔を見て思い出す。ここが前世で自分が好きだった漫画の世界であることを。推しの龍騎士様をストーキングするつもりが、まさか自分が観察され....
著者 : みかさん
小説家になろう

拒絶したのに、今更です…

スカーレット・マリー伯爵令嬢は10歳の時、頭を強く打ち前世の記憶を思い出す。しかし、所々であって全てでは無かった。12歳の時、この国の王子の婚約者選びパーティーで王子の顔を見て思い出す。ここが前世で自分が好きだった漫画の世界であることを。推しの龍騎士様をストーキングするつもりが、まさか自分が観察され....
著者 : みかさん
小説家になろう

行き倒れの死にかけ吸血鬼にしかたなく血を恵んだら、思ってたのと違う展開になった

道を歩いていたらチビの吸血鬼が路端で干からびていたので、ちょっとだけ血を吸わせてみたら翌日とんでもないことになった。....
著者 : 仁司方
小説家になろう

シロツメクサの花束を

シロツメクサを摘もう。たくさん、たくさん。両手に抱えきれないくらい。それを、空から降らせてあげよう。私の気持ち、私の想いがたくさん詰まっているの。 安心して?みんな等しくあげるわ。 私から奪った分、ちゃあんと返してあげる。....
著者 : 水無月
小説家になろう

父が魔物と契約をして5人いた娘の内一人が婚約者になるはずだったのですが…後に生まれた6番目の娘である私がいつも私をいじめるお姉さまたちにその役目を押し付けられました。絶対に婚約破棄させて見せますわ!

魔の森にまよいこんでしまったお父様、魔物と約束をしてそこからだしてもらったのですが。 その約束が娘のうちの一人を婚約者にすることでした。 それが14年前、そのとき生まれていなかった6番目の娘の私がその役目をいつもいじめるお姉さまたちから押し付けられてしまいまして。 絶対に婚約破棄させてもらいますわ!....
著者 : 真夏
小説家になろう

姉が王太子の婚約者の座を公爵令嬢から奪い取りました。結局王太子の寵愛がなくなったとき、その罪で一族連座で処刑されることになったのですが、私はまだ12、跡取りの弟はまだ5歳なのですが…。

私の姉は子爵令嬢でありながら公爵令嬢を婚約者にもつ王太子殿下に愛され、公爵令嬢が婚約破棄されたのです。 しかしまだ12だった妹の私にはこのあとにくる破滅がわかっていました。 父に進言しても信じてもらえず… 姉は王太子の寵を失い、処刑され、私たちも連座で殺されることになり、私たちは逃げましたが追い付か....
著者 : 莉那
小説家になろう

【WEB版】捨てられ聖女ですが、今さら戻れと言われてもお断りです! 〜婚約破棄されたので、魔王城でスローライフを満喫します〜

【ベリーズファンタジー様から書籍化しました!大幅書き増しで、聖女チートも糖度も増しております♡】 ユリアは、突然大衆の面前で婚約者である王子から婚約破棄を言い渡され、魔王領の魔王の花嫁として差し出されることになり、そのショックで、二十九歳で過労死した立花千花としての前世を思い出す。 でも、いざ魔王領....
著者 : yocco
小説家になろう

祝福されしドラゴンの花嫁~継母に虐げられている伯爵令嬢の私は、婚約者にも見捨てられドラゴンへの生け贄と成り果てる~

まさかこの領内に、あの恐ろしいドラゴンが棲み付くだなんて──  アリシア・ロマーダ伯爵令嬢は、つくづく自分は運命に見放されていると思った。  古からの慣わしにて、領主の娘はドラゴンの生け贄とされる定めである。  領主の一人娘として生まれたアリシアはその定めに従い、生け贄となる運命となった。 ....
著者 : 鉄屋イソ
タイトルとURLをコピーしました