転生の小説一覧

小説家になろう

巡る恋に愛を乞い

王都でも老舗の服飾サロン【アムネシア】の娘であり、優秀な刺繍職人でもあるフィーネ。 彼女には前世、そして前々世の記憶があった。 そのどちらも恋を叶えた結果、愛する人と自分が死んでしまう結末を迎えていた。 今世ではそんな最期を迎えないよう、恋をしない。 そう決めたフィーネは仕事に生きる事を決意する....
著者 : 花散ここ
小説家になろう

【完結】転生悪女の幸せ家族計画~黒魔術チートで今度は仮の夫も義理の息子も周囲の人達も幸せにします!~

 公爵令嬢にもかかわらず、黒髪黒目というこの世界では異質な容姿で生まれたアルデラは、実の家族から疎まれて育った。アルデラが16歳になったある日、公爵家にお金を借りに来たレイヴンズ伯爵に、父が厄介払い的にアルデラを押し付け、無理やりレイヴンズ伯爵の後妻として結婚させられてしまう。  美しいレイヴンズ....
著者 : 来須みかん
小説家になろう

前世聖女は手を抜きたい よきよき【コミカライズ連載中】

【双葉社Mノベルスf様より1~3巻発売中!】 コミックス2巻(モンスターコミックスf) 11月15日発売です。 アプリ【マンガがうがう】WEB【がうがうモンスター】にて連載中。 前世で聖女だった事を思いだしたレナリア。 かつての聖魔法は、命を削って使う物だった。 婚約者だった第二王子に横恋慕した....
著者 : 彩戸ゆめ
小説家になろう

全員転生していました。~貴女だけが何も知らない~

 前世“光の聖女”と呼ばれ、人々に崇拝されていたシルフィは、ある日を境に偽聖女として断罪され、無残に処刑されてその命を落とす。  しかし、後にその断罪が仕組まれていたものだとわかり、彼女の家族、婚約者達は皆、一様に後悔する。だが時すでに遅く、神の罰として彼女の周りの者達全員が、罪の記憶を背負ったまま....
著者 : 曙はるか
小説家になろう

ドラコ物語~悪女は極悪令息を救う~

 大栗山伯爵家の一人娘である龍子は父の死後、当主となった叔父によって帝都から離れた田舎の別荘に追いやられる。ある日、うっすらと前世を思い出すが、特に変わらず日々を過ごしていた。  しかし、そんな日々も叔父が破産したことから、一変する。  伯爵令嬢ではなくなった龍子は、朱鳥公爵家に引き取られ、公爵家の....
著者 : ベキオ
小説家になろう

悪役令嬢とヒロインは親友の為ご注意を

親友と一緒に乗っていた電車が事故に合い、二人とも死んでしまった。 私は乙女ゲームの悪役令嬢に、親友はヒロインに転生してしまった。 そんなことも知らない乙女ゲームの熱狂的なファンがゲーム通りに事を進めようと画策。 王子を巻き込んで悪役令嬢の断罪劇を始めた。当然、親友のヒロインは黙っているわけもなく。ヒ....
著者 : 音無砂月
小説家になろう

運命の恋にも適性が必要

 伯爵令嬢のクレアは溺愛しすぎる婚約者、ベンジャミンに手こずっていた。彼の束縛のせいで社交デビューを果たしたというのに友人ひとり作れない。  ベンジャミンの極端な溺愛には理由があり、彼の前世で死に別れた恋人がクレアであるらしい。  しかし、彼女にはまったくその記憶はないのだ。  マイペースでちょっ....
著者 : 明石 みなも
小説家になろう

断罪された悪役令嬢は、元凶の二人の娘として生まれ変わったので、両親の罪を暴く

セシリアは、あるとき自分の前世を思い出す。 それは、婚約破棄された公爵令嬢だった。 前世の自分は、真実の愛とやらで結ばれた二人の間を引き裂く悪役として、冤罪を着せられ殺されていた。 しかも、元凶の二人の娘として生まれ変わったのだ。 かつての記憶を取り戻したセシリアは、前世の自分の冤罪を晴らし、現在の....
著者 : 葵 すみれ
小説家になろう

【コミカライズ連載開始】私を好きすぎる勇者様を利用して、今世こそ長生きするつもりだったのに(多分、また失敗した)

【コミックブリーゼさまにて、コミカライズ連載中です】 伯爵令嬢リゼットは「前世持ち」で今回の人生は四回目。過去の人生ではいつも、20歳の誕生日に魔物に食い殺されてきた。 今世こそ長生きしたいと思ったリゼットは、魔物が絶対に出ないという聖域(畑と森しかないド田舎)で暮らすことに。 「ずっと貴女を....
著者 : 琴子
小説家になろう

訳あり幼女、転生したことに気づいたのは、修羅場に遭遇した時。

いきなりドアを開けて入ってきた綺麗なおばさんと、私の母の戦いが始まろうとしている中、私は思うのだ。あれ、こんな修羅場見たことあるぞと。 家の中でまさかの修羅場に遭遇した時、転生したことに気づいたトリー四歳。 家に入ってきた綺麗なおばさんはなんと伯爵夫人だった。伯爵家へ行くことになったトリーを待っ....
著者 : 藤井
タイトルとURLをコピーしました