追放の小説一覧

小説家になろう

Sランクパーティに捨てられたバッファーの俺。しかしSSSランクの女勇者パーティに拾われてバフ能力がいきなり覚醒、美少女たちとともに最強パーティとなる

もふもふな妖精になってしまったオッサンが、女子高生勇者パーティに拾われ溺愛される話。 付与師(エンチャンター)のオッサン、ドノヴァンは勇者パーティに所属していた。 しかしクエストの最中に仲間たちに裏切られ、伝説の妖精ロロポックルに変えられ追放されてしまう。 しかしひょんなことから、女勇者をはじめ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

追放された死霊術師さんたちの研究日誌 ~最高の魔術師が弟子を取った場合について~

 世界で唯一グランドマスターの称号を持つ死霊術師エリック・ウェストは教会の影響から所属していたパーティーを追放されることとなった。  教会の影響は大きく、多くの同業たちが追放されてしまった。そんな中、エリックは同じようにパーティーを追放された見習い死霊術師フィーネ・ファウストと出会う。  お金も....
著者 : 第616特別情報大隊
小説家になろう

勇者パーティーから追放された黒魔術師だけど、冷やし中華始めました。 ~世界最強の黒魔術師は故郷でのんびりお店を経営したい~

黒魔術師のオルアスは、魔王軍のスパイを疑われて勇者からパーティー追放を言い渡された。 冤罪ではあるが、しかし魔王を倒す必要性を感じていなかった彼は冒険者を引退し、幼馴染かつ許嫁の少女が待つ故郷へ帰ることにした。   故郷への帰途の途中で彼は、5年前にパーティーを組んでいた一人の少女について想起する。....
著者 : 段ボールの丸焼き
小説家になろう

対象と密着するほど効果が高くなるバッファーのオッサン、もふもふな妖精になったおかげでスキルが最大限に活用できるように。SSSランクの女勇者パーティといちゃラブしながら成り上がる

もふもふな妖精になってしまったオッサンが、女子高生勇者パーティに拾われ溺愛される話。 付与師(エンチャンター)のオッサン、ドノヴァンは勇者パーティに所属していた。 しかしクエストの最中に仲間たちに裏切られ、伝説の妖精ロロポックルに変えられ追放されてしまう。 しかしひょんなことから、女勇者をはじめ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

Sランク勇者パーティに追放されたオッサン、めちゃくちゃ可愛い妖精になってしまい人生イージーモードに。SSSランクの女勇者パーティに拾われて、仲間たちや街の人たちにもめちゃくちゃ甘やかされています

もふもふな妖精になってしまったオッサンが、女子高生勇者パーティに拾われ溺愛される話。 付与師(エンチャンター)のオッサン、ドノヴァンは勇者パーティに所属していた。 しかしクエストの最中に仲間たちに裏切られ、伝説の妖精ロロポックルに変えられ追放されてしまう。 しかしひょんなことから、女勇者をはじめ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

婚約破棄も追放もされた元聖女ですが、料理で人助けができるようです~食いしん坊オオカミと狩りからはじめる魔物料理~

落ちこぼれ聖女だったフィアルカは料理で「ある症状」を救うことができた。 その腕を見込まれて領主と婚約までしたが、あるとき濡れ衣を着せられて婚約破棄され、追放されてしまう。 人にもなれる相棒の俺様オオカミと一緒に、危険な森に足を踏み入れる。 するとそこで、同じく魔物を狩ろうとする青年・ユーリイと出会....
著者 : 永野水貴
小説家になろう

『希望の実』拾い食いから始まる逆転ダンジョン生活!

30年ほど前、地球に突如として現れたダンジョン。  無限に湧く資源、そしてレベルアップの圧倒的な恩恵に目をつけた人類は、日々ダンジョンの研究へ傾倒していた。  一方特にそれは関係なく、生きる金に困った私、結城フォリアはバイトをするため、最低限の体力を手に入れようとダンジョンへ乗り込んだ。  甘い考....
著者 : IXA
小説家になろう

救国の聖女は愛だけを望む

◆「聖女」は国の宝です。望めば何でも与えられ、誰もが聖女の力を目的に少女に近づきました。求められるのは聖女としての力のみ。少女自身を見てくれる者はおらず、恵まれた環境にいながら少女は誰よりも孤独でした。  ◆これは「救国の聖女」と呼ばれる孤独な少女が、自分自身を見てくれる人と出会って居場所を手にする....
著者 : アトハ
小説家になろう

僕は全てに【ヒール】する~村を追放された青年は、拾ったゴミを激レアアイテムに修繕して成り上がる!~

孤児だったラースは子供の時に大怪我をした。 死を人一倍怖がるようなった代わりに、命を救ってくれたヒールの修行に励んだ。 治すべき人や家畜がいなくなっても、木や岩を相手にヒールを練習した。 しかし天職が【無職】だったラースは、どれだけ練習しても最下級ヒールしか使えず、そのヒールすら対象に触っていない....
著者 : 藤七郎は疲労困憊
小説家になろう

無限再生の超速レベルアップ ハズレ才能「再生」のおかげで不死身になりました ~パーティー追放され、無残にも死にかけた俺は這い上がる~

一流パーティーに所属していた荷物持ちの俺は、高難易度ダンジョンの奥地にて仲間たちに見捨てられてしまう。そこであっさりと殺された俺だったが、そこで再生の力が発動する。それは、仮に死んだとしても再生する力だった。死なない体を理解した俺は、再生を駆使して超速レベルアップを繰り返していく。最弱と馬鹿にされた....
著者 : 木嶋隆太
タイトルとURLをコピーしました