追放の小説一覧

小説家になろう

【完結】3度追放された無能者。地獄で100万年修行し、最強の邪神として甦る。~無自覚最強邪神様、勇者に憧れているのに、狂信的な配下のせいで世界征服する事に~

ステータスオール1、魔法とスキルは一切無しの無能者ルシフェル・イザヤは、そのあまりの無能さゆえ、実家、冒険者ギルドだけでなく、子供の小遣い稼ぎであるドブさらいギルドすら追放される始末。 就ける仕事が無い彼は物乞いになるが、そんな時4千のゴブリン軍団が街を襲い、絶体絶命のピンチを迎える。 ルシフェル....
著者 : 石製インコ
小説家になろう

王に従えない者は国を出ろと言われたので、領地丸ごと出ていきます!

王の不興を買い、国を追放されることとなった私たち男爵一家。あんなバカ王に仕えるぐらいなら、こんな国さっさと出て行ってやるわよ! こうして国を出る準備を始めると、同行を申し出る者が続出。あれよあれよという間に、領民総出での民族大移動へと発展する。こうして領民たちとともに移住した私たち一家は、辺境の森を....
著者 : キミマロ
小説家になろう

ブラック魔道具師ギルドを追放された私、王宮魔術師として拾われる ~ホワイトな宮廷で、幸せな新生活を始めます!~【Web版】

「ノエル・スプリングフィールド。役立たずのお前はうちの工房にはいらない。クビだ」 名門魔術学院を卒業後、体調を崩した母を看病すべく故郷の魔道具師ギルドに就職したノエル。 母は無事元気になったものの、ギルド長の偏見と嫌がらせのせいで職場での待遇は悪化する一方。 遂には、解雇されてしまうことに。 「....
著者 : 葉月秋水
小説家になろう

俺だけジョブを持っていなかったので勇者パーティーを追放されました。けど勇者全員のスキルを使えるお陰で特に苦労はしてません~スキル:ラーニングで目指す世界最強~

主人公四宮京也は勇者として召喚されるがジョブを持っていなかったため役立たずの烙印を押されパーティーから追放されてしまう。  だがそんなこと京也は一切気にしなかった。何故なら彼は相手のスキルをコピーするスキル、ラーニングによって勇者全員のスキルを使うことが出来たからだ。魔王を倒すと意気込む勇者を尻目に....
著者 : 明夜
小説家になろう

「お前はクビだ!」と事務所を追い出された天才アイドルプロデューサーの再奮闘〜ナンパされていた女の子が実は売れない地下アイドルだったのでアイドル界のトップにしてみたらアイドルにモテまくっています〜

 四宮渉(しのみやわたる)は巷では人気のアイドル、『ユメミヤ』というグループを初期からプロデュースした陰の功労者だった。  しかし、四宮の天才的技量に嫉妬する者が多くいたのもまた事実であった。 そんな時だ、事務所の社長から「お前はクビだ!」と宣言されてしまう。  理由を聞いても決定事項だからとし....
著者 : 津ヶ谷
小説家になろう

【2章開始!】俺だけ使える古代魔法~実は1万年前に失われた伝説魔法らしいです。え、俺のこと基礎魔法すら使えない無能だって追放しませんでしたか? 今さら助けて欲しいとか、何の冗談ですか?~

「オリオン! 貴様は今日かぎりでクビだ!」  ある日のこと。  オリオンは、勇者パーティのリーダーであるオリバーに、突如クビを宣告される。 「オリバー、いきなりどうしたんだ? これまで一緒に頑張ってきたじゃないか!」 「黙れ、この寄生虫が! ろくに基礎魔法すら使えない。これまでパーティに居られた....
著者 : アトハ
小説家になろう

【完結】婚約破棄した相手が毎日謝罪に来ますが、復縁なんて絶対にありえません!

聖女の生まれ変わりを自称する男爵令嬢に夢中になった婚約者は、婚約を破棄すると言い放つ。 突き付けられた罪状はすべて冤罪だったけれど、婚約者に疲れ果てていた公爵令嬢サーラは、それを受け入れた。 激怒した両親に修道院に送られるも、これでようやく静かに暮らせると安堵する。 それなのに、なぜか婚約者が修道院....
著者 : 櫻井みこと
小説家になろう

俺だけジョブを持っていなかったので勇者パーティーを追放されました。けど勇者全員のスキルを使えるお陰で特に苦労はしてません~スキル:ラーニングで目指す世界最強~

主人公四宮京也は勇者として召喚されるがジョブを持っていなかったため役立たずの烙印を押されパーティーから追放されてしまう。  だがそんなこと京也は一切気にしなかった。何故なら彼は相手のスキルをコピーするスキル、ラーニングによって勇者全員のスキルを使うことが出来たからだ。魔王を倒すと意気込む勇者を尻目に....
著者 : 明夜
小説家になろう

「お前はクビだ!」と事務所を追い出された天才アイドルプロデューサーの再奮闘〜ナンパされていた女の子が実は売れない地下アイドルだったのでアイドル界のトップにしてみたらアイドルにモテまくっています〜

 四宮渉(しのみやわたる)は巷では人気のアイドル、『ユメミヤ』というグループを初期からプロデュースした陰の功労者だった。  しかし、四宮の天才的技量に嫉妬する者が多くいたのもまた事実であった。 そんな時だ、事務所の社長から「お前はクビだ!」と宣言されてしまう。  理由を聞いても決定事項だからとし....
著者 : 津ヶ谷
小説家になろう

【2章開始!】俺だけ使える古代魔法~実は1万年前に失われた伝説魔法らしいです。え、俺のこと基礎魔法すら使えない無能だって追放しませんでしたか? 今さら助けて欲しいとか、何の冗談ですか?~

「オリオン! 貴様は今日かぎりでクビだ!」  ある日のこと。  オリオンは、勇者パーティのリーダーであるオリバーに、突如クビを宣告される。 「オリバー、いきなりどうしたんだ? これまで一緒に頑張ってきたじゃないか!」 「黙れ、この寄生虫が! ろくに基礎魔法すら使えない。これまでパーティに居られた....
著者 : アトハ
タイトルとURLをコピーしました