ESN大賞2の小説一覧

小説家になろう

冤罪で死刑にされた男は【略奪】のスキルを得て蘇り復讐を遂げる

ある日、月坂秋人が帰宅すると、そこには三人の死体が転がっていた。秋人には全く身に覚えがなかったが、検察官の悪質な取り調べにより三人を殺した犯人にされてしまい、死刑となった。 その後、秋人は“支配人”を名乗る女の子の力によって“仮転生”という形で蘇り、転生杯と呼ばれる100人によるバトルロイヤルの参....
著者 : ダイヤモンド
小説家になろう

猫《キャット》と呼ばれた男

マート、猫《キャット》という異名を持つ彼は剣の腕はたいしたことがないものの、猫のような目と、身軽な体躯という冒険者として恵まれた特徴を持っていた。 それを生かして、冒険者として楽しく暮らしていた彼は、冒険者ギルドで入手したステータスカードで前世の記憶とそれに伴う驚愕の事実を知る。 これは人間で....
著者 : れもん
小説家になろう

精霊と会話できる私は、どうやら初代女王の生まれ変わりのようです

 孤児院で暮らすナディアは、幼い頃から他の人には見えない精霊が見えたり、話をしたりすることができた。  魔術学園に通わないと使えないはずの魔術も精霊にお願いすればなぜか使えてしまうけれど、そのことが原因で両親に捨てられたナディアはその力を周囲には秘密にしている。  魔術師になれるほど魔力が多ければ貴....
著者 : 侑子
小説家になろう

危険度SSSクラスの「勇者」パーティに潜入した魔王軍の四天王。バレない様に頑張ってたら、女勇者に気に入られた

 女勇者が懐きすぎてウザい……。  魔王様に命じられ、勇者パーティーに潜入した俺───魔王軍四天王『隠密のヴァイパー』は今日も任務を忠実にこなす。  そう、「勇者の信頼を勝ち取れ──」という、魔王様の命令を遂行するために……!  そのためなら何でもしてやったともさ───!  ──勇者様に....
著者 : LA軍
小説家になろう

漂流するエクスプローラー ~二つ名(笑)とか必殺技(笑)とか…勘弁してくださいよ~

志望動機、特になし。 安定した将来を得るべく文官を目指していたはずが、なし崩しで冒険者になってしまった青年イネス。 凶暴な魔獣がはびこる辺境の地にて、流れと勢いにまかせた彼の冒険者稼業が幕を開ける。 周囲の才能に心折られそうになりつつも、持ち前の小狡さと小手先の工夫で度重なる危機をくぐり抜けてい....
著者 : 鈴代しらす
小説家になろう

【完結】サラリーマン、高校生になる。 〜25歳サラリーマン、不可抗力で高校生に取り憑いたので社会のノウハウを活かして青春謳歌〜

 ブラック会社勤務の主人公は、自殺志願者の高校生を助けようとして何故かその高校生の体に取り憑いてしまう。  仕方なく高校生に代わり学園生活を送ることにしたのだが、昨今の学生との文化の違い、考えの違いに辟易としてしまう。  それでも、会社で培ってきた事などを糧に10年振りの学生生活を謳歌していく。....
著者 : ミソネタ・ドざえもん
小説家になろう

男装の騎士は異世界転移主人公を翻弄する

 実家の都合で男装して騎士として働くバルザクト・アーバイツは、遺跡の巡回中に異世界からやってきたシュラという名の青年と出会った。自らの従騎士となった彼の言動に振り回されながらも、従騎士となった彼を導き、あるいは導かれてゆく、真面目で苦労性な騎士の物語。 ――あるいは――  戦闘系乙女ゲームの主人公と....
著者 : こる
小説家になろう

勘違い吸血姫と勘違い聖騎士の珍道中~ハゲたおっさんから転生設定タブレットを奪ってチート設定にしたら世界線が壊れた件について~

白銀《しろかね》聖嗣は、ちょっと VRMMO でネカマをする趣味があるだけのごく普通の大学生だった。そんな彼がふと気が付くと、知らない場所にいてハゲたおっさんが転生させてやる、などと意味不明なことを口走っていた。この状況を新作 VRMMO のキャラメイク画面だと勘違いした彼は、そのおっさんから転生設....
著者 : 一色孝太郎
小説家になろう

週刊スキルメール

俺の名前は玉田紀夫(たまだのりお) この春から高校に入学する高校一年生だ。 何の因果か入学式の日から毎週メールが届くようになった。 その名も『週刊スキルメール』 これは現代社会の中でスキルを毎週授けられて、その使い方に奮闘しながらも、楽しく生きようとする男の物語である。 この物語はフィクション....
著者 : 鴨川京介
小説家になろう

サラリーマン、高校生になる。 〜25歳サラリーマン、不可抗力で高校生に取り憑いたので社会のノウハウを活かして青春謳歌〜

 ブラック会社勤務の主人公は、自殺志願者の高校生を助けようとして何故かその高校生の体に取り憑いてしまう。  仕方なく高校生に代わり学園生活を送ることにしたのだが、昨今の学生との文化の違い、考えの違いに辟易としてしまう。  それでも、会社で培ってきた事などを糧に10年振りの学生生活を謳歌していく。....
著者 : ミソネタ・ドざえもん
タイトルとURLをコピーしました