魔女見習いさんとサーヴァントの実験日和

物語の舞台は竜が空を舞い、魔物が地を駆けるどこかの世界などではなく、現代の日本。
記憶障害を起こし、断片的にしか過去の記憶を持っていない青年、桐崎無兎(きりさきむと)はニートである。彼は洗濯、掃除に炊事と日々をそれなりに過ごしていた。そんなある日、彼が散歩をしていると、自らを「魔女見習い」だと言い張る1人の少女、結波瓊(ゆいなみけい)と出会う。
彼女の不思議な言葉に興味を誘われた彼は、次第に彼女に魅了されていく。これは果たして、恋なのか?

これはちょっとだけ変わった青年と、魔女見習いの少女が魔法で紡ぐ恋の物語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました