小説家になろう

宮廷鍛冶師の幸せな日常 ~どうやら俺は宮廷一の鍛冶師だったようだ。俺を追放したブラックな職場は今さら困り果てているが、もう遅い。俺は隣国で公爵令嬢に溺愛されながらのんびり生きます~

鍛冶師として仕事をしていたフェイクは、いじめを受けていた。同僚たちから散々にいじめられ、心が折れていたフェイクだったが、隣国の公爵令嬢の婚約者として拾われることになった。無能と蔑まれ、宮廷を追放されたフェイクは隣国で自由に鍛冶が行える環境を用意してもらい、その才能を存分に発揮していく。そして、フェイ....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

王妃様は離婚したい ~異世界から聖女様が来たので、もうお役御免ですわね?~

リエンライン王国では、異世界の記憶を持つ者を聖女として迎える慣習があった。この決まりに従い、転生者イーリスは王妃となったが、新たに異世界から転移してきた陽菜が現われてから、明らかに王の気持ちは陽菜に傾いていく。 政略で結婚し、王の愛を感じられない生活を強いられるイーリス。 しかし、ある日王が陽菜と....
著者 : 明夜明琉
小説家になろう

王太子殿下に婚約者がいるのはご存知ですか?

 マレクは姉のエスコートをするために王立学院の卒業を祝う夜会に参加していた。そこに来賓として招かれていた王太子レオナルディが、姉の友人で平民のセイラをエスコートして現れる。二人は王太子が在学中だった頃からその関係を噂されていて、王太子の卒業後に入学したマレクもその噂を知っていた。  姉は何でもないよ....
著者 : 通木遼平
小説家になろう

え、社内システム全てワンオペしている私を解雇ですか? ~業務が破綻した古巣から呼び戻されているけれど、『もう遅い』~

 社内システムを全てワンオペしていた私は、社長交代を機に解雇予告を受けた。会社に未練など無いので素直に退職したけれど、時間が経つほど腹が立つ。ファミレスで「ふざけんな」と叫んでいたら、見知らぬイケメンに声をかけられた。あれ、よく見れば幼馴染の健太じゃん。私は健太のスタートアップに再就職することになり....
著者 : 下城米雪
小説家になろう

もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。

(新しく連載版をはじめました) 「王室の所有奴隷イスハル解放のための身代金の支払いを、王国の次期王位継承者、ヴァカデスの名において拒否する!」    王家に仕える奴隷、イスハルは無能な王子の代わりに負け戦のしんがりを務め、全軍を撤退させる大功を立てた代わりに敵対する獣氏族の捕虜となる。  金を惜しん....
著者 : 八針来夏
小説家になろう

【短編】ブラック魔道具師ギルドを追放された私、王宮魔術師として拾われる ~実は王国最高レベルの魔法使いだったと気づいてももう遅い。ホワイトな宮廷で評価してくれる人たちと幸せな新生活を始めます~

【連載版始めました!→https://ncode.syosetu.com/n8120gp/】 名門魔術学院を卒業後、体調を崩した母を看病すべく故郷の魔道具師ギルドに就職したノエル。 母は無事元気になったものの、ギルド長の偏見と嫌がらせのせいで職場での待遇は悪化する一方。 遂には、役立たずと言われ解雇....
著者 : 葉月秋水
小説家になろう

幼馴染も義妹も……誰も俺を信じてくれなかった。今さら信じているなんて言われても、もう手遅れです

だれも信じてくれなかった。 だから今さら信じるなんて言われても困るだけだ。 幼馴染も義妹もメガネ女子も、今さら俺に関わろうとする。 もういいんだ。俺に構うな。 これは誰も信じない男が繰り広げる恋愛物語....
著者 : うさこ
小説家になろう

人脈チート持ちの俺、国王に「腰巾着」と馬鹿にされ勇者パーティを追放されたので、他国で仲間たちと自由に暮らすことにした。勇者パーティが制御不能になって大暴れしてるらしいけど知らん ~人脈チートの救世譚~

 その英雄――座右の銘は「他力本願」。  人脈という名の武器を使いこなし、最強の冒険者パーティを結成してみせたネットは、数々の世界的偉業の陰で暗躍してきた。  しかしある日、国王に呼ばれたネットは残酷な宣言を告げられる。 「貴様の冒険者パーティを、我が国の勇者パーティに任命する。ただし貴様はい....
著者 : サケ/坂石遊作
小説家になろう

片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~

【一言で分かるあらすじ】 自身の強さに無自覚なおっさんが、元弟子たちになんやかんや持ち上げられて活躍しちゃってだんだんと名声と評価を得ていくお話。 【ちゃんとしたあらすじ】 ベリル・ガーデナントは、レベリス王国の片田舎に道場を構えるしがない剣術師範である。 自分の強さに気持ちの折り合いを付け、のん....
著者 : 佐賀崎しげる
小説家になろう

【連載版】ブラック魔道具師ギルドを追放された私、王宮魔術師として拾われる ~実は王国最高レベルの魔法使いだったと気づいてももう遅い。ホワイトな宮廷で評価してくれる人たちと幸せな新生活を始めます~

名門魔術学院を卒業後、体調を崩した母を看病すべく故郷の魔道具師ギルドに就職したノエル。 母は無事元気になったものの、ギルド長の偏見と嫌がらせのせいで職場での待遇は悪化する一方。 遂には、役立たずと言われ解雇されてしまうことに。 途方に暮れつつ仕事を探すノエルに声をかけたのは、学院時代の友人だった。 ....
著者 : 葉月秋水
タイトルとURLをコピーしました