悪役令嬢とチョコレート

著者:辺野 夏子

ハリエット・マーシャル公爵令嬢は『異界の乙女』と持て囃されているマキナが婚約者である王太子セルジュに親愛の証として手作りの菓子を贈るつもりだと聞く。彼女は監督生、そして婚約者として注意し『それ』を没収する。しかしそのチョコレートにはマキナの仕掛けた罠がかかっており……。

「異世界にバレンタインがあったら?」と言うネタです。ざまぁは香り付け程度。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました