ちっちゃくて可愛いものがお好きですか。そうですかそうですか。もう十分わかったので放してもらっていいですか。【全年齢版】

著者:南田 此仁

 ブラック企業を飛び出すように退職した日菜(ヒナ)は、家で一人祝杯を上げていた。一緒に祝ってくれる家族はもういない。
 不意に落ちたペンダントトップへと手を伸ばし——気がつけば、見知らぬ場所にいた。

 周囲を取り巻く巨大なぬいぐるみたち。巨大化したペンダントトップ。

 あれ? もしかして私……
 ちっちゃくなっちゃった——!?

 なーんてね。夢でしょ、夢! ——と思っていたけれど、一向に目が覚める気配はなく。

 空腹感も尿意もある異様にリアルな夢の中、鬼のような形相の家主から隠れてドールハウスで暮らしてみたり、仮眠中の家主にこっそりと触れてみたり。

 姿を見られたが最後、可愛いもの好きの家主(次期王様)からの溺愛が止まりません——!?

■完結しました。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました