栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~

著者:九頭七尾

【書籍化&コミカライズします】
冒険者に憧れていた少年・ジオ。しかし15歳になった彼が神々から与えられたのは【家庭菜園】という、冒険には役立たない謎の加護だった。仕方なく冒険者になることを諦め、父が遺した実家の庭で菜園を始めるのだが――
「ねぇ、なんで畑に肉とか魚とか鉱石がなっているの?」
「ちょっとだけ特殊な家庭菜園だからね」
「じゃあ、あのゴーレムたちは何?」
「あれは案山子みたいなものだよ」
「どう見ても何かと戦う気でしょ!」
「いやいや、ただの家庭菜園だって」
――気づけば堅牢な城壁と無数のゴーレムに守られる最強の菜園となっていた!
「ちなみに菜園ごと移動できるよ」
「……」

栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました