ラスボス、やめてみた ~主人公に倒されたふりして自由に生きてみた~

ある日、魔帝メナスは、自分がとあるRPGのラスボスだということを知る。
このままではいずれ破滅すると考えたメナスは、ラスボスをやめることを決意。ゲーム序盤のイベントで主人公に倒されたふりをして、こっそり旅に出る。
しかし、今まで城(ラストダンジョン)に引きこもっていたラスボスに常識があるわけもなく、さらに外の世界は予想以上にレベルが低いとわかり――。

これは……野生化したラスボスが、ストーリーをぶっ壊しながら自由気ままに生きていく物語。

ラスボス、やめてみた ~主人公に倒されたふりして自由に生きてみた~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました