忌み数の歌姫様

 大陸の弱小国ニール王国の三十人いる王女の末っ子であるエフティヒアは、ある日一度も会ったことの無い父王の命で隣国サングリア帝国の皇帝の后選びに参加することになる。

「無理なんですけどー⁉」

 なんておーさまの前で言えるはずもなく、エフティヒアは隣国へ向かった。
 手作りのギターを抱えて。

 4月9日、ご指摘をいただきまして大幅改稿しました。

忌み数の歌姫様のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました