集団転移で無人島に来た俺、美少女達とスマホの謎アプリで生き抜く

著者:絢乃

【ゲーム風サバイバル物語、ここに開幕!】

主人公・藤堂大地と彼の通う高校の生徒達が集団転移した。
転移先は――地図に載っていない謎の無人島。

角の生えたウサギなど、島には未知の動物が棲息していた。
食料にするべくその動物を狩ると、死体は忽然とその場から消える。
それと同時に音が鳴るスマホ。確認すると知らないアプリが入っていた。

それは、この島で生活するのに必要な物を購入できるアプリ。
一定の条件を満たすことでポイントがチャージされ、それで買い物を行う。
拠点や食料を購入したり、買った拠点を拡張したり、拠点内に蛇口を作ったり。

日々の作業でポイントを貯め、そのポイントを使って島での暮らしを豊かにする。
いつ救援が来るか分からない中、大地は仲間の美少女達と無人島を生き抜く。

※アルファポリスでも連載
※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空のものであり、実在するものとは一切関係がありません。

4月22日:ジャンル別(ローファンタジー)日間ランキング1位獲得!

集団転移で無人島に来た俺、美少女達とスマホの謎アプリで生き抜くのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました