【本編】元お飾り王妃ですが、逆行転生したら愛されルートに突入していたようです

※初期からルート分岐バージョン書き始めました。シリーズからたどれます。

――目が覚めたら十年前。まだ、かろうじて幸せだったころでした。

フライア・ディールスはヴェッセル王国に住む公爵令嬢。第一王子であり王太子であるイーノクと婚約をしており、順風満帆な人生を歩んでいた……はずだった。
しかし、フライアが十五歳のある日。王国に住む男爵令嬢が光の魔力に目覚めた。それがきっかけで、イーノクはフライアを蔑ろにするようになり、毎日のようにその男爵令嬢、シンディの元に通い詰めるようになる。
仕事を放り出すということから、フライアの仕事は増えるばかり。それでも、必要とされるのならば。そう思っていたフライアだが、イーノクはフライアを利用するだけ利用し、捨てた。その結果、いつの間にか貴族たちはフライアのことをこう呼んでいた。
――お飾り王妃、と。

これは、お飾り王妃と呼ばれた女性が王国の民たちのために行動していると、いつの間にか人々を魅了し逆ハーレムを築いていたお話。

※マルチエンディング式

**END LIST**
・ブラッドルート(隣国の公爵令息)
・シリルルート(名門侯爵家の令息)
・アールルート(幼馴染の伯爵令息)
・エリオットルート(従者)
・ルイスルート(隠しルートの魔王様)

**おまけ**
★騎士団
・ウィルフレッドルート(若き騎士団長)
・ヴィンセントルート(若き騎士団副団長)
・ティルソンルート(年下有能騎士)
★裏社会
・ゼノルート(マフィアのボス)
・サディアスルート(女好きの暗殺者)
・ナイルルート(双子情報屋の片割れ)
・ニールルート(双子情報屋の片割れ)

日刊ジャンル別ランキング(異世界恋愛) 最高5位

*アルファポリスにも掲載中。

【本編】元お飾り王妃ですが、逆行転生したら愛されルートに突入していたようですのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました