親友同士が付き合い始めたので、あいつらのために俺は身を引こうと思う

著者:トラ子猫

俺、笹原大樹には、二人の親友がいた。一人は野球部のエースでイケメンの向居正人、そしてもう一人が学園でも一番と言われるほどの美少女な上月睦月。

実は睦月に惚れてた俺だが、正人と睦月が互いに意識しあっていることを知っていたため、それを言い出せないでいた。それどころかむしろ、俺は身を引くことを決め、二人の背中を押し続けた結果、正人と睦月は晴れて付き合い始めることになる。
内心で祝福する一方で、複雑な気持ちを抱える俺。そんな風に、一人密かに凹んでいる俺のことを、慰めようとする女がいた。

その女の名は向居樹里。親友、正人の妹にして、一歳違いの後輩で、

「アハッ、こんなところでなにしてるんですかー☆」

そしてなぜか、俺だけにウザい美少女で……。

「……お前、マジでうっぜーな!?」

「キャッハハっ、そんなこと言っちゃって~。実は嬉しかろ嬉しかろ?」

「嬉しくねー!」

「とかなんとか言っちゃって、かーらーのー?」

「お前、そういうところだぞ!?」

そんな風に絡んでくる樹里に振り回されつつも、なんだかんだで気持ちが救われていく。失恋の傷も、紛れていく。
惚れた女の彼氏の妹。そんな微妙な距離感で、俺も正人も睦月も樹里も、みんなで『幸せ』を目指していく。

そう、これは、恋とか愛とか温もりとか――成長と失敗を繰り返しながら前に進んでいく、〝絆〟と〝幸福〟の物語。

※最後はハッピーエンドです。
※この作品は、いわゆる『ざまぁ』系ではありません。ご了承ください

親友同士が付き合い始めたので、あいつらのために俺は身を引こうと思うのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました