好感度が見えるようになったから全力でラブコメしてみる

著者:WING

 高校二年生の俺、水瀬蒼太は、毎日が華のない学園生活を送っていた。
 そんな生活に嫌気が差した俺は、学校帰りになんとなくで寄った神社。そこで手を滑らせ財布ごとお賽銭箱に入れてしまった。
 やらかしてしまったために、やけくそで神様にお願いをした。

「神様、財布ごと賽銭したんだ! 俺の願いを聞き届けてくれ! 俺は、俺は華のある恋愛をしたいです! どうか俺にラブコメできる力を!」

 必死に、それはもう必死に願った。
 翌日、いつも通りに朝起きて学校に行くと──

「ま、まさか……好感度が数値化されている、だと……!?」

 ──人の好感度が数値として現れていた。
 これは他人の好感度が見えるようになった主人公が、ラブコメをする物語である。

好感度が見えるようになったから全力でラブコメしてみるのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました