さっさと僕を推せVtuber! ~クラスの美少女Vtuberが僕にスパチャを投げてくる~

著者:孔明の罠

☆☆ あらすじ ☆☆
――ついにフルダイブ型VR技術が完成し、僕らはVtuberと出会えるようになった。

 とあるVtuber大好き男子高校生「一叶」は、突然にも、自身も美少女Vtuberになることを決意する。
 一叶は己の持つ「超可愛い女声」と「ゲームセンス」を武器に、美少女Vtuberカナエを名乗り配信を開始した。

 それからカナエの登録者数は順調に伸びていくが、ある日とんでもない出来事が訪れる。
 なんと人気No.1Vtuberである、「イノリ」からスーパーチャットが飛んできたのだ。しかも5万円という上限金額が、「もっと出しましょうか?幾らでも出せます」という意味不明なコメントと共に。
 「一体何事……」と呆然とする一叶(カナエ)だったが、それを機に二人のVtuberとしての関係は「姉妹」として扱われるようになっていく。

 ちなみに二人はクラスメイトなのだが、一切気付く様子はない。
 ついでに言うと一叶が告白し、それを断った女の子という関係なのだが、当然気付く筈もない。

 つまり一叶目線で言えば、「リアルで告白を断られた想い人が、VR内でめっちゃ推してくる」という状況である。

――とにかくこれは、リアルとVRが交差する、波乱を極めた超すれ違いラブコメディー。

(5/13 コメディー日間ランキング1位)

さっさと僕を推せVtuber! ~クラスの美少女Vtuberが僕にスパチャを投げてくる~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました