無能は不要だと言われて追放された最弱魔術師、実は《時空魔術》の才能を持つ最強魔術師だった 〜奈落の底で覚醒した最強の時空魔術師は、王女の護衛となって学園で無双するようです〜

著者:浮島悠里

「貴様には失望した、アークよ」「魔術が使えない無能はこの家には不要だ」
 魔術の名門であるオルブライト公爵家に生まれた少年、アーク・オルブライト――将来を渇望されていたはずの彼は、魔術の才の欠落を理由にオルブライト公爵家を追放され、更には実の兄によって殺されかけ、奈落へと落とされてしまう。しかしアークは何とか生き延び、奈落の底で出会った魔女によって真の力――最強の魔術《時空魔術》の才能を見出される。
 魔術を使えないがゆえに追放されたはずの少年は、《時空魔術》を自由自在に扱う最強の魔術師として覚醒すると、奈落から抜け出し、美しき王女の護衛として学園へ赴く。そこにはかつての兄弟の姿もあった。アークは覚醒した時空魔術師としての力によって護衛対象である王女の信頼を獲得しつつも、自身を蔑み、追放したかつての家族すらも見返していく。
 一方で、アークを追放した一族は知らなかった。無能とされていたはずのアークが、実は、魔術の名門であるオルブライト公爵家すら軽々と超越するほどの才能を秘めた天才であったことに。《時空魔術》という、歴史から抹消された最強魔術の才能を持つ存在であったことに。
 これは、無能ゆえに追放されながらも奈落の底から這い上がり最強に至る、一人の魔術師の物語。

無能は不要だと言われて追放された最弱魔術師、実は《時空魔術》の才能を持つ最強魔術師だった 〜奈落の底で覚醒した最強の時空魔術師は、王女の護衛となって学園で無双するようです〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました