記憶喪失になったので、家族の中で一番信用できそうなお兄様を頼ることにしました

 海辺の街の修道院で、穏やかに暮らす少女マリア。
 実は彼女には過去の記憶がない。二ケ月ほどまえ、浜辺で保護されたのだ。

 すっかり地元に馴染んだある日、マリアの家族だという金持ちがやって来る。
「ああ、ビアンカ良かった無事で」
 ビアンカって誰? そもそもあなた達、誰ですか?

 記憶喪失になった私は、家族の中で一番信用できそうなお兄様を頼ることにしました。題がほぼあらすじ。
 *誤字脱字報告ありがとうございます。文字数は予約投稿分含みます。

記憶喪失になったので、家族の中で一番信用できそうなお兄様を頼ることにしましたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました