孤独なオレと孤高な世話焼き女神様

著者:つがん

引っ越しを機に心機一転

孤立した中学時代を忘れてやり直せると思っていた俺を待っていたのは…
またしてもアホなクラスメイト達

こんなヤツらの相手をするつもりはない
結局俺はここでも孤立する運命なのか・・・

そんな俺に近づいてきたのは

他人への冷たさと美人すぎる容姿で話題の生徒会副会長「薩川沙羅」
通称「孤高な女神様」と呼ばれる人だった

だが俺は知っている…もう一つの顔を
あまあまで優しくて、とっても世話焼きの一面もあるのだ

「馴れ馴れしいですよ?彼には私がいますので・・・あなた達は邪魔です」

「もう許しません!今日から毎日あなたのお家でお世話をします!」

「ほら、ネクタイを直しますからじっとしてて下さいね。動いたら…ふふっ」

ちょっ!人前ではやめて下さい!?
ますます孤立しそうです・・・

*カクヨムでも投稿しております

孤独なオレと孤高な世話焼き女神様のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました