万能「村づくり」チートでお手軽スローライフ ~村ですが何か?~

著者:九頭七尾

 乱世の中、領主の息子として生まれたルークは、十二歳のときの祝福で『村づくり』という役に立たないギフトを授かってしまう。
 そればかりか、腹違いの弟が『剣聖技』を授かったことで完全に立場が逆転、ルークは未開の地へ追放されてしまった。
 不毛の荒野に辿り着いたルークだったが、そこで謎のギフト『村づくり』が発動し、あっという間に村ができあがってしまう。
 これからはこの小さな村で細々と暮らしていこう。そう思っていたのだが――
 村人が増えていくにつれ、どんどんギフトのレベルが上がり、『村づくり』が進化していく。
 そして気づけば高層建築が立ち並び、世界一の軍事力を誇る最強の「村」と化していた……!
「いや、これもう村じゃないよね? 僕のスローライフどこいった…?」

※この作品は、アルファポリスとカクヨムにも同時投稿しています

万能「村づくり」チートでお手軽スローライフ ~村ですが何か?~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました